LogStare Collector 仕様・不具合

【仕様】LogStare Collectorにおけるトラフィック監視ウィジェットのポート単位表示の可否

当記事では、LogStare Collectorにおけるトラフィック監視ウィジェットにおけるポート単位での表示の可否について記載します。

LogStare Collector(以下、LSCと記載) v2.1.0以前、以後でポート単位でのウィジェットでの表示の可否が異なります。

LSC v2.1.0以前のバージョン

ダッシュボード上のウィジェットで、ポート単位のトラフィックデータ表示はできません。
ウィジェットで表示することができるのは、監視端末の送受信バイトの合計値のみとなっております。

なお、各インターフェースごとのトラフィックを監視する場合は、スパナマーク > 監視・収集 にて、監視対象デバイスを選択し、監視項目「SNMP監視:トラフィック(64bits)_rev.2」を追加することによって可能となります。

LSC v2.1.0以降のバージョン

ダッシュボード上のウィジェットを追加する際に、表示オプションより、ウィジェットとして表示したいポートを指定します。

【仕様】LogStare Collectorにおけるデバイス一括登録の可否前のページ

【仕様】LogStare Collectorにおけるログファイル保存先変更の可否次のページ

ピックアップ記事

  1. 自社製品をAMIにしてマーケットプレイスへ出品
  2. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  3. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  4. ログフォワーダー「okurun.jar」について

関連記事

  1. LogStare Collector 仕様・不具合

    【仕様】弊社管理サーバへの接続不可時の影響について

    事象弊社管理サーバへの接続が行えない場合、以下の影響が発生します。…

  2. LogStare Collector 仕様・不具合

    【仕様】LogStare CollectorとのFTP通信における注意点

    当記事では、LogStare CollectorとのFTP通信における…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  2. NW機器

    SonicWall UTMにてSNMP(v1/v2/v3)を有効化する方法につい…
  3. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  4. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
PAGE TOP