LogStare Collector 仕様・不具合

【仕様】Ping監視の処理開始時刻と監視間隔の関係

Ping監視は、負荷を避ける為に1台づつ5秒の間隔で処理を開始する仕様となっています。
内部的に自動で設定され、開始時刻の指定はできません。
Ping監視対象として10台登録をした場合には下記の様になります。

  • 1台目 00:00:00開始
  • 2台目 00:00:05開始
  • 10台目 00:00:45開始

監視間隔を60秒に設定した場合、13台目と1台目が同時刻にPing監視処理を実行することになりますが、このように重複して処理を行えるのは最大10台となっています。

監視間隔を短く設定する場合は、上記仕様にご留意ください。

 

 

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

LSC v1.5.1 build 180817 リリースノート次のページ

ピックアップ記事

  1. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  2. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  3. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  4. Zabbixヒストリデータのレポート生成について

関連記事

  1. LogStare Collector 仕様・不具合

    【仕様】LogStare Collectorのディスクサイズ指標

    当記事では、LogStareCollectorにおけるディスクサイズ指…

  2. LogStare Collector 仕様・不具合

    【仕様】弊社管理サーバへの接続不可時の影響について

    事象弊社管理サーバへの接続が行えない場合、以下の影響が発生します。…

  3. LogStare Collector 仕様・不具合

    【仕様】LogStare Collectorにおけるデバイス一括登録の可否

    LogStare Collectorにはデバイスの一括登録機能はござい…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
PAGE TOP