LogStare Collector 仕様・不具合

【不具合】監視項目データベースをアップデートすると、OS情報が意図せず書き換わる

この記事は投稿日から3年以上経過しています。

事象

LogStare Collector v1.7.1 build190325 以前のバージョンにおいて、監視項目データベースのアップデートを実施すると、OS情報が意図せず書き換わってしまう。

対策

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

監視対象デバイスのOSバージョン更新方法前のページ

FortiOS v5.6.6におけるログ出力仕様の変更について次のページ

ピックアップ記事

  1. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  2. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  3. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  4. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…

関連記事

  1. LogStare Collector 仕様・不具合

    【仕様】LogStare Collectorにおけるデバイス一括登録の可否

    LogStare Collectorにはデバイスの一括登録機能はござい…

  2. NW機器

    【仕様】VPNトンネルの認証方式においてIKE2を使用した場合、「FortiGuard_VPNステー…

    事象VPNトンネルの認証方式においてIKE2を使用した場合、監視項…

  3. LogStare Collector 仕様・不具合

    【仕様】LogStare Collectorのディスクサイズ指標

    当記事では、LogStareCollectorにおけるディスクサイズ指…

  4. LogStare Collector 仕様・不具合

    【仕様】LogStare CollectorとのFTP通信における注意点

    当記事では、LogStare CollectorとのFTP通信における…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  2. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  3. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  4. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  5. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
PAGE TOP