LogStare Collector リファレンス

PING監視の設定項目について

この記事は投稿日から2年以上経過しています。

当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)におけるPING監視の各設定項目について記載します。

PING監視 とは...

LogStare Collectorに監視対象機器から応答があるかどうか、送信開始から受信完了までの所要時間などを調査するための機能となります。
監視対象機器との接続性や到達性の確認等にご利用いただけます。

使用方法

設定項目

各設定項目の説明は下記の通りです。

  • 監視ON/OFF
    • 監視の実施有無を選択できます。
  • 監視項目名
    • DSVやダッシュボード、アラートメールの件名に表記される監視項目名を設定できます。
  • IPアドレス
    • PING監視対象のIPアドレスを設定できます。
  • タイムアウト(秒)
    • PINGが実行されてから、タイムアウト(秒)にて設定した秒数以内にレスポンスがない時、タイムアウトが発生したとみなされます。
  • ノード監視パラメータ
    • PINGにてタイムアウトが発生した時、ノード監視パラメータに設定されている回数まで、再度PINGを実行します。上記設定の場合、タイムアウトが発生するたびに最大5回PINGを実行します。5回すべてタイムアウトが発生した時、取得エラー1回分と判定されます。
  • 閾値設定
    • PING取得にかかる時間が特定値を超えた時にアラートを飛ばしたい場合に設定する項目です。以下の図の場合、連続3回取得にかかる時間が100ms以上の場合、分析注意として判定されます。取得エラーとの違いは、下記を参照してください。
      取得エラー判定回数と閾値の監視設定について

以上でPING監視の設定項目についての説明は終了となります。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

LogStare Collector における環境設定について前のページ

ログ保管ディレクトリ変更機能について次のページ

ピックアップ記事

  1. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  2. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  3. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  4. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    TLS通信を使用したSYSLOG収集 Linux版

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

  2. LogStare Collector リファレンス

    METRICS監視の使用方法

    当記事では、LogStare Collecotr v2.0.0 bui…

  3. LogStare Collector リファレンス

    Windowsにおける、CPU使用率監視の修正と追加について

    当記事では、 について記載します。修正事項監視項目 を削除しま…

  4. LogStare Collector リファレンス

    M365 監査ログ(旧 O365 監査ログ)収集の設定

    当記事では、LogStare Collector v2.2.0にて追加…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  2. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  3. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  4. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  5. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
PAGE TOP