LogStare Collector リファレンス

LogStare Collector における環境設定について

当記事では、LogStare Collector (以下 : LSC)における環境設定の各項目について記載します。

通知設定

メール通知の設定について記載しています。
各監視設定でメールアラート通知を行う場合この設定が必要です。

      • メール通知使用
        • メールでの通知を行うかどうか設定します。
      • 送信者名
        • アラートメールの送信者名を設定します。
      • 送信元メール
        • ご自身でSMTPサーバをご用意いただき、送信元とするメールアドレスを設定します。
      • 送信元メール・ID
        • ご自身でSMTPサーバをご用意いただき、同サーバへアクセスする際のIDを設定します。
      • 送信メール・パスワード
        • ご自身でSMTPサーバをご用意いただき、同サーバへアクセスする際のパスワードを設定します。
      • 送信メール・サーバ
        • ご自身でSMTPサーバをご用意いただき、同サーバのIPアドレスもしくはFQDNを設定します。
      • SSL使用 
        • 通信の暗号化の方法を設定します。
      • メールSSLポート番号
        • メールを受信するポート番号を設定します。「SSL使用」で選択した方法に応じて、デフォルトのポート番号が自動で入力されます。ポート番号を変更している場合は、変更後のポート番号を設定します。
      • 受信メール
        • 通知を受けたいメールアドレスを2つまで設定します。入力した後に受信テストを行い、受信出来ているか確認することが出来ます。

Proxyサーバ

Proxyサーバの設定について記載しています。

      • 利用
        • Proxyサーバを利用するかどうか設定します。
      • アドレス
        • ProxyサーバのIPアドレスを設定します。
      • ポート
        • 通信に使用するポート番号を設定します。
      • ID
        • Proxyサーバにアクセスする際のIDを設定します。
      • パスワード

        • Proxyサーバにアクセスする際のパスワードを設定します。

サーバ

監視での利用ポート設定について記載しています。
ここでは「SYSLOG ポート」「 SNMP Trap ポート」「 FTP ポート」「 FTP パッシブポート」のポート番号を任意に設定することができます。
※1023以下のポート番号はウェルノウンポートの為、非推奨です。
※LSCv2.0.1build201113以降の場合は、FTPパッシブポートを除くポートにおいて、ポートの競合を検知し起動を行うと「ポート競合により正しく開始できませんでした。」と表示されます。

      • Syslogポート
        • TCP、UDP、TLSの各通信に使用するポート番号を設定します。
          ※LSCv2.0.1build201113以降の場合は、TLSの設定が行われていない際に、「TLSの利用に必要な設定が行われていません。」と表示されます。
      • Trapポート
        • Trap通信に使用するポート番号を設定します。
      • FTPポート(PROライセンスが必要な機能です。)
        • FTP通信に使用するポート番号を設定します。
      • FTPパッシブポート(PROライセンスが必要な機能です。)
        • FTPパッシブポート通信に使用するポート番号を設定します。

ログ

ログの設定について記載しています。

      • 監視データ保管期間(PROライセンスが必要な機能です。)
        • 監視データを保管する期間を設定します。
          (10日に設定している場合の例:現在が8/20だとすると、8/9以前のデータが削除され、8/10以降のデータが保管されます。)
      • 監視ログ転送間隔(NetStare Suiteが必要な機能です。)
        • 監視ログをNetStare Suiteに転送する間隔を設定します。
      • 収集ログ暗号化
        • 収集ログの暗号化を行うかどうか設定します。「する」を選択した場合、パスワードを設定することが出来ます。
      • ログ保管ディレクトリ
        • ログを保管するディレクトリを設定します。

設定バックアップ

      • LSCに設定した各設定内容のバックアップをダウンロードすることが出来ます。
        LSCの設定を保存したい場合に、この機能を使用します。

バックアップリストア

      • ダウンロードした設定バックアップをリストアすることが出来ます。
        LSCの設定をリストアしたい場合に、この機能を使用します。

Palo AltoにおけるCEF形式ログ送信設定前のページ

PING監視の設定項目について次のページ

ピックアップ記事

  1. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  2. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  3. 自社製品をAMIにしてマーケットプレイスへ出品
  4. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    LogStare Collector リファレンス記事一覧

    LogStare Collector リファレンス記事一覧となります。…

  2. LogStare Collector リファレンス

    ファイル収集 – FTP,FTP(passive) – 編

    ファイル収集 - FTP,FTP(passive)- とは...F…

  3. LogStare Collector リファレンス

    NetStare Suite 連携トライアルにおけるメニュー・機能説明

    当記事では、NetStare Suite 連携トライアルにおけるメニュ…

  4. LogStare Collector リファレンス

    監視対象デバイスの設定

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  2. NW機器

    SonicWall UTMにてSNMP(v1/v2/v3)を有効化する方法につい…
  3. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  4. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
PAGE TOP