LogStare Collector リファレンス

LogStare Collector における環境設定について

この記事は投稿日から2年以上経過しています。

当記事では、LogStare Collector (以下 : LSC)における環境設定の各項目について記載します。

通知設定

メール通知の設定について記載しています。
各監視設定でメールアラート通知を行う場合この設定が必要です。

      • メール通知使用
        • メールでの通知を行うかどうか設定します。
      • 送信者名
        • アラートメールの送信者名を設定します。
      • 送信元メール
        • ご自身でSMTPサーバをご用意いただき、送信元とするメールアドレスを設定します。
      • 送信元メール・ID
        • ご自身でSMTPサーバをご用意いただき、同サーバへアクセスする際のIDを設定します。
      • 送信メール・パスワード
        • ご自身でSMTPサーバをご用意いただき、同サーバへアクセスする際のパスワードを設定します。
      • 送信メール・サーバ
        • ご自身でSMTPサーバをご用意いただき、同サーバのIPアドレスもしくはFQDNを設定します。
      • SSL使用 
        • 通信の暗号化の方法を設定します。
      • メールSSLポート番号
        • メールを受信するポート番号を設定します。「SSL使用」で選択した方法に応じて、デフォルトのポート番号が自動で入力されます。ポート番号を変更している場合は、変更後のポート番号を設定します。
      • 受信メール
        • 通知を受けたいメールアドレスを2つまで設定します。入力した後に受信テストを行い、受信出来ているか確認することが出来ます。

Proxyサーバ

Proxyサーバの設定について記載しています。

      • 利用
        • Proxyサーバを利用するかどうか設定します。
      • アドレス
        • ProxyサーバのIPアドレスを設定します。
      • ポート
        • 通信に使用するポート番号を設定します。
      • ID
        • Proxyサーバにアクセスする際のIDを設定します。
      • パスワード

        • Proxyサーバにアクセスする際のパスワードを設定します。

サーバ

監視での利用ポート設定について記載しています。
ここでは「SYSLOG ポート」「 SNMP Trap ポート」「 FTP ポート」「 FTP パッシブポート」のポート番号を任意に設定することができます。
※1023以下のポート番号はウェルノウンポートの為、非推奨です。
※LSCv2.0.1build201113以降の場合は、FTPパッシブポートを除くポートにおいて、ポートの競合を検知し起動を行うと「ポート競合により正しく開始できませんでした。」と表示されます。

      • Syslogポート
        • TCP、UDP、TLSの各通信に使用するポート番号を設定します。
          ※LSCv2.0.1build201113以降の場合は、TLSの設定が行われていない際に、「TLSの利用に必要な設定が行われていません。」と表示されます。
      • Trapポート
        • Trap通信に使用するポート番号を設定します。
      • FTPポート(PROライセンスが必要な機能です。)
        • FTP通信に使用するポート番号を設定します。
      • FTPパッシブポート(PROライセンスが必要な機能です。)
        • FTPパッシブポート通信に使用するポート番号を設定します。

ログ

ログの設定について記載しています。

      • 監視データ保管期間(PROライセンスが必要な機能です。)
        • 監視データを保管する期間を設定します。
          (10日に設定している場合の例:現在が8/20だとすると、8/9以前のデータが削除され、8/10以降のデータが保管されます。)
      • 監視ログ転送間隔(NetStare Suiteが必要な機能です。)
        • 監視ログをNetStare Suiteに転送する間隔を設定します。
      • 収集ログ暗号化
        • 収集ログの暗号化を行うかどうか設定します。「する」を選択した場合、パスワードを設定することが出来ます。
      • ログ保管ディレクトリ
        • ログを保管するディレクトリを設定します。

設定バックアップ

      • LSCに設定した各設定内容のバックアップをダウンロードすることが出来ます。
        LSCの設定を保存したい場合に、この機能を使用します。

バックアップリストア

      • ダウンロードした設定バックアップをリストアすることが出来ます。
        LSCの設定をリストアしたい場合に、この機能を使用します。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

Palo AltoにおけるCEF形式ログ送信設定前のページ

PING監視の設定項目について次のページ

ピックアップ記事

  1. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  2. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  3. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  4. Zabbixヒストリデータのレポート生成について

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    TLS通信を使用したSYSLOG収集 Linux版

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

  2. LogStare Collector リファレンス

    LSCリソース状況機能の改善

    当記事では、LogStare Collecotr v2.2.0 bui…

  3. LogStare Collector リファレンス

    取得ファイル名における「年月日差分」並びに「時間差分」の考え方

    当記事では、取得ファイル名における「年月日差分」並びに「時間差分」の考…

  4. LogStare Collector リファレンス

    アラートメールの仕様(環境設定/個別設定)

    アラートメールの仕様(環境設定/個別設定)当記事では、LogSta…

  5. LogStare Collector リファレンス

    NetStare Suite 連携トライアルにおけるメニュー・機能説明

    当記事では、NetStare Suite 連携トライアルにおけるメニュ…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  2. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  3. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  4. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  5. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
PAGE TOP