NW機器

Palo AltoにおけるCEF形式ログ送信設定

この記事は投稿日から2年以上経過しています。

当記事では、Palo Alto におけるCEF形式でのログの送信方法について記載します。

事前準備

設定方法

  1. Device > セットアップ > 管理 > ロギングおよびレポート設定 > 歯車アイコンをクリックします。
  2. 表示されたダイアログにて、ログのエクスポートとレポート > Syslogのホスト名フォーマット > ipv4-addressまたはipv6-adressを選択し、【OK】をクリックします。
  3. Device > サーバープロファイル > Syslog > [CEF化させたいサーバープロファイル]をクリックします。
  4. カスタムログフォーマット > ログタイプを選択します。
  5. 表示されたダイアログにおける下図赤枠にて、ご用意いただいたCEF形式のログフォーマットを入力し、【OK】をクリックします。
    ※下図はシステムログ形式の設定例となります。
  6. Syslogサーバープロファイルにて【OK】をクリックします。
  7. WebUI右上の【コミット】 をクリックします。
  8. ポップアップ内の【コミット】 をクリックします。

以上で、PaloAltoにおけるCEF形式でのログ送信をする準備が出来ました。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

アラートメールの仕様(環境設定/個別設定)前のページ

LogStare Collector における環境設定について次のページ

ピックアップ記事

  1. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  2. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  3. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  4. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品

関連記事

  1. Nutanix Prism ElementにOVAファイルをインポートする方法

    NW機器

    Nutanix Prism ElementにOVAファイルをインポートする方法

    当記事では、Nutanix Prism ElementにOVAファイル…

  2. NW機器

    D-Link製レイヤ2スマートスイッチにおけるSYSLOG/SNMP設定

    当記事では、D-Link製レイヤ2スマートスイッチにSYSLOG/SN…

  3. NW機器

    FortiGateにてGUIにトラフィックログを表示するための設定方法

    FortiGateではトラフィックログを収集できますが、FortiGa…

  4. Tech-Blog

    Linuxにて特定のアウトバウンド通信を許可するための設定例

    当記事では、Linuxにて特定のアウトバウンド通信を許可するための設定…

  5. Windows/Linux

    rsyslogをホスト名、IPアドレスごとにフォルダー分けする方法

    当記事では、rsyslogで受信したログを送信元ホスト名、IPアドレス…

  6. FortiGateの冗長化構成におけるha-direct設定方法について

    NW機器

    FortiGateの冗長化構成(HA構成)におけるha-direct設定について

    当記事では、冗長構成(HA構成)のFortiGateにおけるha-di…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  2. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  3. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  4. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  5. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
PAGE TOP