Tech-Blogカテゴリにおけるサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

当記事では、Windows ServerのDHCPログをLogStare Collector(以下、LSCと記載)にて収集する方法についての説明を記載します。

概要

ログフォワーダー「okurun.jar」を利用してWindows ServerのDHCPログをsyslogとして発信し、LSCにて受信します。「okurun.jar」の入手先及び概要については、以下の記事をご参照ください。
ログフォワーダー「okurun.jar」について

前提条件

  • 「okurun.jar」はjavaにて動作します。OpenJDK等事前にWindowsへインストールし環境変数の設定等を実施してください。
  • Windows環境におけるjavaの環境変数設定については説明しません。
  • 当記事の記載内容は下記環境にて実施したものです。
  • 当記事の手順はすべて管理者権限にて実施しています。

Windows

OS WindowsServer 2019
JAVA OpenJDK15

LSCサーバ

LSCバージョン 2.1.0
OS CentOS7
メモリ 4GB
CPU 2コア
JAVA OpenJDK15

設定(Windows側)

Windows ServerのDHCPログ設定の確認

  • Powershellにて「Get-DhcpServerAuditLog」を実行し、ログ出力が有効化を確認します。「Enable」が「True」であればDHCPログ出力が有効となっています。
  • ログが有効化されていない場合、「Enable」が「False」と表示されます。
  • 「Enable」が「False」となっている場合、「Set-DhcpServerAuditLog -Enable $True」を実行後、サービス「DHCP Server」を再起動します。

Windows ServerのDHCPログ出力の確認

  • DHCPログが生成されているか確認します。デフォルトでは「C:Windows\System32\dhcp」配下にDHCPログとして「DhcpSrvLog-※英語 (省略形)※.Log 」と「DhcpV6SrvLog-※英語 (省略形)※.Log 」が生成されます。

「okurun.jar」の準備

  • Windowsの任意のディレクトリに「okurun.jar」を配置します。当記事では、C:temp配下に配置します。

DHCPログの送信方法

  • コマンドプロンプトを開き、「okurun.jar」を配置したディレクトリに移動します。

  • 「okurun.jar」を実行します。当記事では、C:\Windows\System32\dhcp配下のDhcpSrvLog-Mon.logが「okurun.jar」の対象となるログファイルです。当記事では、LSC(172.23.61.59)にudp/514でファシリティ「SYSLOG」プライオリティ「INFO」にて転送する場合のコマンドを記載します。※LSCへ転送する場合は、ヘッダオプションはYにしてください。また、文字コードは「SHIFT-JIS」にて「okurun.jar」を実行してください。

  • 上記コマンド実行後、バックグラウンド上で「okurun.jar」が起動します。

「okurun.jar」の停止方法

  • フォワーダーはtaskkillコマンドにて停止します。まず、タスクマネージャにて「okurun.jar」のプロセスIDを確認します。※列「コマンドライン」を表示させると探しやすいです。
  • 停止したい「okurun.jar」のプロセスIDを確認し、コマンドプロンプトよりtaskkillコマンドにて停止します。

  • タスクマネージャにて停止した「okurun.jar」のプロセスIDが存在しないことを確認します。

DHCPログメッセージサンプル

  • DHCPログメッセージについて説明します。当項目では「DhcpSrvLog-※英語 (省略形)※.Log 」を説明対象とします。
  • 「DhcpSrvLog-※英語 (省略形)※.Log」のログメッセージ形式を下記に示します。※実際のログファイル内の記述を参考にしています。

  • 実際のログメッセージを下記に例示します。

設定(LSC側)

基本設定

  • 「okurun.jar」にて転送されたメッセージを「SYSLOG収集」にてLSCで受信します。「SYSLOG収集」につきましては、以下の記事をご参照ください。※LSC側の「SYSLOG収集」にて文字コードは「SHIFT-JIS」と設定してください。
    SYSLOG収集
  • 「SYSLOG収集」にて利用されるポート番号はデフォルトでtcp/udp共に514となっています。「okurun.jar」にてポート番号を514以外に設定した場合、環境設定より「SYSLOG収集」にて利用されるポート番号を変更することで514以外のポートで「SYSLOG収集」が可能となります。環境設定につきましては、以下の記事をご参照ください。
    LogStare Collector における環境設定について

以上でWindows ServerのDHCPログをLSCにて収集する方法についての説明は終了となります。


この情報の発信者

セキュアヴェイルグループ(SecuAvail Inc. | CareAvail Inc. | LogStare Inc.)