LogStare Collector リリースノート

LSC v2.1.1 build 210324 リリースノート

この記事は投稿日から3年以上経過しています。

2021/05/ 21 リリース

アップデート手順は以下の記事をご参照ください。
LogStare Collectorインストールからアンインストールまで Linux版
LogStare Collectorインストールからアンインストールまで Windows版

  • PING-TTLウィジェット表示改善
    • PING監視において監視ステータスが「取得失敗」の場合、ウィジェット「PING監視ー性能」における表記が数値の「0」ではなく「★」として描画されるようになりました。
  • Locale設定機能
  • WMIの監視機能改善
    • WMI監視を行う際に、従来ではVBSを利用していましたが、本バージョンよりDLLを利用します。これによりDLLを利用することによりWMI監視実行時の負荷が低減されました。※Windows版LSCのみ対象
  • その他
    • DSV編集画面の操作性を向上しました。
    • その他微細な不具合、誤記の修正。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

FortiGateの送信元NAT/宛先NAT設定について前のページ

Windows ServerのDHCPログをLSCにて収集する方法次のページ

ピックアップ記事

  1. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  2. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  3. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  4. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…

関連記事

  1. LogStare Collector リリースノート

    監視項目データベース更新案内(231117_01)

    本記事では、2023年11月17日時点における監視項目データベースの更…

  2. LogStare Collector リリースノート

    監視項目データベース更新案内(191210_01)

    本記事では、2019年12月10日時点における監視項目データベースの更…

  3. LogStare Collector リリースノート

    LSC v2.1.0 build 210215 リリースノート

    2021/02/17 (水) リリースアップデート手順は以…

  4. LogStare Collector リリースノート

    監視項目データベース更新案内(220412_01)

    本記事では、2022年04月12日時点における監視項目データベースの更…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  2. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  3. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  4. デフォルト画像イメージ

    FortiGate

    FortiGateのSD-WAN設定について
  5. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
PAGE TOP