Tech-Blogカテゴリにおけるサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

当記事では、D-Link製レイヤ2スマートスイッチにSYSLOG/SNMP 設定を投入する手順について記載します。なお、SNMPv3の設定については対象外です。※弊社製品にてSYSLOG収集/SNMP監視を行うための最低限の設定内容となります。

*この記事ではDGS-1100 シリーズにて説明しています。

事前準備

設定後に試験が行える環境(snmpwalk コマンドを利用できる端末、もしくはLogStare Collector など)を用意しておく事を推奨いたします。

D-Link製レイヤ2スマートスイッチのSYSLOG設定

 

 

  1. D-Link製レイヤ2スマートスイッチのGUIメニューから「System > System Log > System Log Settings」とクリックします。
  2. 「Global State」の「System Log」にて”Enabled”を選択し「Apply」をクリックします。
  3. GUIメニューから「System > System Log > System Log Server」とクリックします。
  4. 「Log Server」にて
    • 「Host IPv4 Address」にSYSLOG送信先のIPアドレス
    • 「UDP Port」に送信先にて設定したSYSLOG受信ポート番号(通常は514)
    • 「Facility」に送り先にて設定した受信用Facility
    • 「Severity」に送信するSYSLOGの情報レベル(※)を入力・選択し、「Apply」をクリックします。※送信先の設定により上手く受信できない場合があるため、最初は「All」に設定して受信確認をした後に調整することをお勧めします。

D-Link製レイヤ2スマートスイッチのSNMP設定

  1. GUIメニューから「Management > SNMP > SNMP Global Settings」とクリックします。
  2. 「SNMP Global Settings」の「SNMP Global State」にて”Enabled”を選択して「Apply」をクリックします。
  3. GUIメニューから「Management> SNMP > SNMP Community Table Settings」とクリックします。
  4. 「SNMP Community Settings」にて
    • 「Access Right」を”Read Only”
    • 「Community Name」にコミュニティ名

を入力・選択し、「Apply」をクリックします。

以上で、D-Link製レイヤ2スマートスイッチにSYSLOG/SNMP の設定を投入する手順は終了します。

 

参考:D-Link DGS-1100 シリーズ (H/W:B1/B2) Gigabit L2 Easy Smart Switch ユーザマニュアル(https://www.dlink-jp.com/product/switch/pdf/DGS-1100_MAN_R04_B1B2-v1.01-4.pdf

 

 


この情報の発信者

セキュアヴェイルグループ(SecuAvail Inc. | CareAvail Inc. | LogStare Inc.)