Windows/Linux

WindowsServerにaws cliバージョン2をインストールする方法について

この記事は投稿日から2年以上経過しています。

当記事では、WindowsServerにaws cliバージョン2をインストールする方法について記載します。

概要

当記事ではオンプレミスのWindowsServer若しくはEC2上のWindowsServerにてaws cliを実行するための方法を記載しています。

前提

  • 当記事ではAWS上に用意したWindowsServer2019での手順となります。
  • 当記事での操作はすべて管理者権限にて行います。
  • インストールするaws cliは最新バージョンのものとなります。
  • 当記事は下記リンクの記載内容を参考に作成しています。
    https://docs.aws.amazon.com/cli/latest/userguide/install-cliv2-windows.html

インストール方法について

  • 用意したWindowsServer2019のコマンドプロンプト若しくはPowerShellにてaws cliが存在していない事を確認します。
  • 下記リンクより最新のWindows用のAWSCLI MSIインストーラー(64ビット)をダウンロードします。
    https://docs.aws.amazon.com/cli/latest/userguide/install-cliv2-windows.html
  • 取得したインストーラをaws cliのインストール先で実行し、表示に従いインストールを完了させます。
  • コマンドプロンプト若しくはPowerShellにてaws cliがインストールされたかを確認します。

以上で、WindowsServerにaws cliバージョン2をインストールする方法についての説明は終了となります。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

監視項目データベース更新案内(211105_01)前のページ

Linux系OSにaws cliバージョン2をインストールする方法について次のページ

ピックアップ記事

  1. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  2. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  3. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  4. Zabbixヒストリデータのレポート生成について

関連記事

  1. ログ分析・監視テクニック

    Zabbixヒストリデータのレポート生成について

    当記事では、NetStare Suite(以下、NSSと記載)における…

  2. Windows/Linux

    CloudWatch監視に必要な権限について

    当記事では、CloudWatch監視に必要な権限について記載します。…

  3. AWS/Azure

    EC2関連メトリクス一覧

    当記事では、CloudWatch監視にて対応しているEC2関連メトリク…

  4. NW機器

    Palo AltoにおけるCEF形式ログ送信設定

    当記事では、Palo Alto におけるCEF形式でのログの送信方法に…

  5. ログ分析・監視テクニック

    ログフォワーダー「okurun.jar」について

    当記事では、ログフォワーダー「okurun.jar」についての説明を記…

  6. Windows/Linux

    Linuxにて特定のインバウンド通信を許可するための設定例

    当記事では、Linuxにて特定のインバウンド通信を許可するための設定例…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  2. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  3. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  4. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  5. デフォルト画像イメージ

    FortiGate

    FortiGateのSD-WAN設定について
PAGE TOP