Windows/Linux

Linux系OSにaws cliバージョン2をインストールする方法について

当記事では、Linux系OSにaws cliをインストールする方法について記載します。

概要

当記事ではオンプレミスのLinux系OS若しくはAmazonlinux以外のEC2上のLinux系OSにてaws cliを実行するための方法を記載しています。

前提

インストール方法について

  • 用意したRHEL8系にてaws cliが存在していない事及びOSバージョンを確認します。
[ec2-user@ip-xxx-xxx-xxx-xxx ~]$ aws --version
-bash: aws: command not found
[ec2-user@ip-xxx-xxx-xxx-xxx ~]$ cat /etc/os-release
NAME="Red Hat Enterprise Linux"
VERSION="8.4 (Ootpa)"
ID="rhel"
ID_LIKE="fedora"
VERSION_ID="8.4"
PLATFORM_ID="platform:el8"
PRETTY_NAME="Red Hat Enterprise Linux 8.4 (Ootpa)"
ANSI_COLOR="0;31"
CPE_NAME="cpe:/o:redhat:enterprise_linux:8.4:GA"
HOME_URL="https://www.redhat.com/"
DOCUMENTATION_URL="https://access.redhat.com/documentation/red_hat_enterprise_linux/8/"
BUG_REPORT_URL="https://bugzilla.redhat.com/"
REDHAT_BUGZILLA_PRODUCT="Red Hat Enterprise Linux 8"
REDHAT_BUGZILLA_PRODUCT_VERSION=8.4
REDHAT_SUPPORT_PRODUCT="Red Hat Enterprise Linux"
REDHAT_SUPPORT_PRODUCT_VERSION="8.4"
[ec2-user@ip-xxx-xxx-xxx-xxx ~]$
  • aws cliをインストールします。unzipがインストールされていない場合、事前にインストールしてください。
[ec2-user@ip-xxx-xxx-xxx-xxx ~]$ curl "https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-x86_64.zip" -o "awscliv2.zip"
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100 42.4M  100 42.4M    0     0  55.8M      0 --:--:-- --:--:-- --:--:-- 55.8Mm
[ec2-user@ip-xxx-xxx-xxx-xxx ~]$ unzip awscliv2.zip
Archive:  awscliv2.zip
   creating: aws/
   creating: aws/dist/
  inflating: aws/install
  inflating: aws/THIRD_PARTY_LICENSES
  inflating: aws/README.md
~省略~
  inflating: aws/dist/cryptography-3.3.2-py3.8.egg-info/LICENSE.APACHE
  inflating: aws/dist/cryptography-3.3.2-py3.8.egg-info/LICENSE
  inflating: aws/dist/cryptography-3.3.2-py3.8.egg-info/METADATA
   creating: aws/dist/zlib/cpython-38-x86_64-linux-gnu/
  inflating: aws/dist/zlib/cpython-38-x86_64-linux-gnu/soib.cpython-38-x86_64-linux-gnu.so
[ec2-user@ip-xxx-xxx-xxx-xxx ~]$ sudo ./aws/install
You can now run: /usr/local/bin/aws --version
[ec2-user@ip-xxx-xxx-xxx-xxx ~]$
  • バージョンを確認します。
[ec2-user@ip-xxx-xxx-xxx-xxx ~]$ aws --version
aws-cli/2.2.43 Python/3.8.8 Linux/4.18.0-305.el8.x86_64 exe/x86_64.rhel.8 prompt/off
[ec2-user@ip-xxx-xxx-xxx-xxx ~]$

以上で、Linux系OSにaws cliバージョン2をインストールする方法についての説明は終了となります。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

WindowsServerにaws cliバージョン2をインストールする方法について前のページ

AmazonLinux2において、aws cliのバージョンを1から2へ変更する方法について次のページ

ピックアップ記事

  1. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  2. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  3. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  4. Zabbixヒストリデータのレポート生成について

関連記事

  1. NW機器

    Palo AltoにおけるCEF形式ログ送信設定

    当記事では、Palo Alto におけるCEF形式でのログの送信方法に…

  2. NW機器

    ネットワーク機器への不正接続の検知(PaloAlto)

    ネットワーク機器の空きポートに機器が接続された場合に、管理者へメールを…

  3. Windows/Linux

    Windows Server (2019,2016, 2012 R2)にSNMP (v1, v2c)…

    当記事では、Windows Server にSNMP の設定を投入する…

  4. NW機器

    Nutanixを監視したいときのメトリクス監視項目例(API v2)

    当記事ではLogStare Collector(以下、LSC)でのNu…

  5. NW機器

    FortiGateにおけるTLS通信を利用したSYSLOG送信方法

    当記事では、FortiGateにおけるTLS通信を利用してSyslog…

  6. NW機器

    FortiOS v5.6.6におけるログ出力仕様の変更について

    FortiOS v5.6.6より、従来のログ出力方式に仕様変更が行われ…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  2. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  3. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  4. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  5. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
PAGE TOP