Windows/Linux

Linux系OSにaws cliバージョン2をインストールする方法について

この記事は投稿日から1年以上経過しています。

当記事では、Linux系OSにaws cliをインストールする方法について記載します。

概要

当記事ではオンプレミスのLinux系OS若しくはAmazonlinux以外のEC2上のLinux系OSにてaws cliを実行するための方法を記載しています。

前提

インストール方法について

  • 用意したRHEL8系にてaws cliが存在していない事及びOSバージョンを確認します。
[ec2-user@ip-xxx-xxx-xxx-xxx ~]$ aws --version
-bash: aws: command not found
[ec2-user@ip-xxx-xxx-xxx-xxx ~]$ cat /etc/os-release
NAME="Red Hat Enterprise Linux"
VERSION="8.4 (Ootpa)"
ID="rhel"
ID_LIKE="fedora"
VERSION_ID="8.4"
PLATFORM_ID="platform:el8"
PRETTY_NAME="Red Hat Enterprise Linux 8.4 (Ootpa)"
ANSI_COLOR="0;31"
CPE_NAME="cpe:/o:redhat:enterprise_linux:8.4:GA"
HOME_URL="https://www.redhat.com/"
DOCUMENTATION_URL="https://access.redhat.com/documentation/red_hat_enterprise_linux/8/"
BUG_REPORT_URL="https://bugzilla.redhat.com/"
REDHAT_BUGZILLA_PRODUCT="Red Hat Enterprise Linux 8"
REDHAT_BUGZILLA_PRODUCT_VERSION=8.4
REDHAT_SUPPORT_PRODUCT="Red Hat Enterprise Linux"
REDHAT_SUPPORT_PRODUCT_VERSION="8.4"
[ec2-user@ip-xxx-xxx-xxx-xxx ~]$
  • aws cliをインストールします。unzipがインストールされていない場合、事前にインストールしてください。
[ec2-user@ip-xxx-xxx-xxx-xxx ~]$ curl "https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-x86_64.zip" -o "awscliv2.zip"
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100 42.4M  100 42.4M    0     0  55.8M      0 --:--:-- --:--:-- --:--:-- 55.8Mm
[ec2-user@ip-xxx-xxx-xxx-xxx ~]$ unzip awscliv2.zip
Archive:  awscliv2.zip
   creating: aws/
   creating: aws/dist/
  inflating: aws/install
  inflating: aws/THIRD_PARTY_LICENSES
  inflating: aws/README.md
~省略~
  inflating: aws/dist/cryptography-3.3.2-py3.8.egg-info/LICENSE.APACHE
  inflating: aws/dist/cryptography-3.3.2-py3.8.egg-info/LICENSE
  inflating: aws/dist/cryptography-3.3.2-py3.8.egg-info/METADATA
   creating: aws/dist/zlib/cpython-38-x86_64-linux-gnu/
  inflating: aws/dist/zlib/cpython-38-x86_64-linux-gnu/soib.cpython-38-x86_64-linux-gnu.so
[ec2-user@ip-xxx-xxx-xxx-xxx ~]$ sudo ./aws/install
You can now run: /usr/local/bin/aws --version
[ec2-user@ip-xxx-xxx-xxx-xxx ~]$
  • バージョンを確認します。
[ec2-user@ip-xxx-xxx-xxx-xxx ~]$ aws --version
aws-cli/2.2.43 Python/3.8.8 Linux/4.18.0-305.el8.x86_64 exe/x86_64.rhel.8 prompt/off
[ec2-user@ip-xxx-xxx-xxx-xxx ~]$

以上で、Linux系OSにaws cliバージョン2をインストールする方法についての説明は終了となります。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

WindowsServerにaws cliバージョン2をインストールする方法について前のページ

AmazonLinux2において、aws cliのバージョンを1から2へ変更する方法について次のページ

ピックアップ記事

  1. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  2. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  3. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  4. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…

関連記事

  1. Windows/Linux

    LinuxのFirewallログをLSCで収集する方法

    当記事では、LinuxのfirewallログをLogStare Col…

  2. NW機器

    SonicWall UTMのログ活用事例

    当記事では、SonicWall社製UTMのログ活用事例としてSyslo…

  3. AWS/Azure

    NATGateway関連メトリクス一覧

    当記事では、CloudWatch監視にて対応しているNATGatewa…

  4. AWS/Azure

    RDS関連メトリクス一覧

    当記事では、CloudWatch監視にて対応しているRDS関連メトリク…

  5. NW機器

    FortiGateにてGUIにトラフィックログを表示するための設定方法

    FortiGateではトラフィックログを収集できますが、FortiGa…

  6. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す

    当記事では、AWSマーケットプレイス上に無償版として出品されているLo…

Microsoft365もっと活用セミナー

ナレッジステアはセキュアヴェイルグループが運営しています

ネットワーク管理者向けセキュリティセミナー

無料で使えるシステム監視・ログ管理ソフト

  1. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  2. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  3. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  4. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  5. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
PAGE TOP