Tech-Blogカテゴリにおけるサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

当記事では、ZabbixヒストリデータをLogStare Collector(以下、LSCと記載)にて収集する方法についての説明を記載します。

概要

Zabbix4.0以降より実装されたリアルタイムエクスポート機能にて出力されたヒストリーデータをログフォワーダー「okurun.jar」を利用してsyslogメッセージとして発信し、LSCにて受信します。「okurun.jar」の入手先及び概要については、以下の記事をご参照ください。
ログフォワーダー「okurun.jar」について

前提条件

  • 当記事ではZabbixの具体的な構築手順については記載しません。
  • 弊社フォワーダーはjavaにて動作します。OpenJDK等事前にZabbixサーバへインストールしてください。
  • 当記事の記載内容は下記環境にて実施したものです。
  • 当記事の手順はすべて管理者権限にて実施しています。

Zabbixサーバ

Zabbixバージョン 5.0
OS RHEL8
メモリ 2GB
CPU 2コア
JAVA OpenJDK15

LSCサーバ

LSCバージョン 2.1.0
OS CentOS7
メモリ 4GB
CPU 2コア
JAVA OpenJDK14

設定(Zabbix側)

ExportDirの設定

  • ヒストリデータの出力先を作成します。当記事では、/var/log/zabbix_data配下にヒストリデータを出力します。

  • zabbix_dataディレクトリの所有者をzabbixに変更します。

  • Zabbixを停止後zabbix_server.confを編集し、「ExportDir」にて出力先を指定します。

  • Zabbixを再起動後、/var/log/zabbix_data配下を確認しデータが出力されているかを確認します。

「okurun.jar」の準備

  • 任意のディレクトリに「okurun.jar」を配置します。当記事では、/usr/local/配下に配置します。

ヒストリデータの送信方法

  • 「okurun.jar」を配置したディレクトリに移動します。

  • 「okurun.jar」を実行します。当記事では、/var/log/zabbix_data/配下のhistory-history-syncer-1.ndjsonが「okurun.jar」の対象となるファイルです。当記事では、LSC(192.168.100.1)にudp/514でファシリティ「LOCAL1」プライオリティ「INFO」にて転送する場合のコマンドを記載します。※最後のアンパサンド(&)はバッググラウンド処理させるためのものです。

  • 上記コマンド実行後、バックグラウンド上で「okurun.jar」が起動します。

フォワーダーの停止方法

  • フォワーダーはkillコマンドにて停止します。まず、「okurun.jar」のプロセスIDを確認します。

  • 停止したい「okurun.jar」のプロセスIDを確認し、killコマンドにて停止します。今回はhistory-history-syncer-2.ndjsonのヒストリデータ転送を停止します。

  • 停止した「okurun.jar」のプロセスIDが存在しないことを確認します。

設定(LSC側)

基本設定

  • フォワーダーにて転送されたメッセージを「SYSLOG収集」にてLSCで受信します。「SYSLOG収集」につきましては、以下の記事をご参照ください。
    SYSLOG収集
  • 「SYSLOG収集」にて利用されるポート番号はデフォルトでtcp/udp共に514となっています。フォワーダーにてポート番号を514以外に設定した場合、環境設定より「SYSLOG収集」にて利用されるポート番号を変更することで514以外のポートで「SYSLOG収集」が可能となります。環境設定につきましては、以下の記事をご参照ください。
    LogStare Collector における環境設定について

活用例

以上でZabbixヒストリデータをLSCにて収集する方法についての説明は終了となります。


この情報の発信者

セキュアヴェイルグループ(SecuAvail Inc. | CareAvail Inc. | LogStare Inc.)