AWS/Azure

メトリクス監視を利用した特定のAzureVMのステータス監視について

当記事では、LogStare Collector v2.1.0 build210215(以下、LSCと記載)から新規実装されたOAuth2.0認証を用いたメトリクス監視の実装例を記載します。

前提条件

Microsoft AzureにてOAuth2.0認証を行うために事前にAzure ADでアプリの登録を行います。
当記事では以下のパラメータを利用する前提となります。

  • サブスクリプションID
    0d0a61e5-dfe7-f20a-056-6261d522b5f3
  • リソースグループ名
    ExampleRG
  • 監視する仮想マシンの名前
    LSC_test-monitor_VM
  • テナントID
    d7bb6f24-aa26-deb5-175f-4a6b3f4e53c3
  • クライアントID
    60bec7ef-1eb7-0f7e-bc26-50f2476471ef
  • クライアントシークレット
    ehyx46zwty8a-znz2uzc86gj9tjuym-sh_z

※ 上記の値はでたらめなデータの為、上記の値を利用した場合はエラーが返されます。

設定(LSC側)

LSCでメトリクス監視の設定を行います。

  1. REST APIを指定します。
    特定のAzureVMを監視するため、以下のREST APIを指定します。
    https://management.azure.com/subscriptions/{サブスクリプションID}/resourceGroups/{リソースグループ名}/providers/Microsoft.Compute/virtualMachines/{仮想マシン名}/instanceView?api-version=2020-12-01
    ※ ユーザの環境に合わせてメモした{サブスクリプションID}、 {リソースグループ名}、{仮想マシン名}を指定してください。
    ※ 2021年2月17日時点におけるAPIバージョンは[2020-12-01]が最新となります。
    以下、サンプルデータを利用したRESTAPIの形となります。

    https://management.azure.com/subscriptions/0d0a61e5-dfe7-f20a-056-6261d522b5f3/resourceGroups/ExampleRG/providers/Microsoft.Compute/virtualMachines/LSC_test-monitort_VM/instanceView?api-version=2020-12-01

    なお、METRICS監視では、登録する機器のIPアドレスは問わないため、当記事では「127.0.0.1」を使用します。

  2. OAuth2.0 client-credentials認証の設定をします。
    1. トークンを取得するためのURLを指定します。
      今回、OAuth2.0 client-credentials認証のため、以下のURLを指定します。
      https://login.microsoftonline.com/{テナントID}/oauth2/token
      ※ ユーザの環境に合わせてメモした{テナントID}を指定してください。
      以下、サンプルデータを利用したAccess Token URLとなります。

      https://login.microsoftonline.com/d7bb6f24-aa26-deb5-175f-4a6b3f4e53c3/oauth2/token
    2. 認証情報を設定します。
      Azureがサポートしているデータの形式は「Content-Type: application/x-www-form-urlencoded」となります。
      必要となる認証情報は以下の通りです。

      key value
      grant_type client_credentials
      client_id クライアントID
      client_secret クライアントシークレット
      resource https://management.azure.com/

  3. METRICSパスを指定します。
    wizardを押下します。
    画面が表示後、赤枠で囲っている部分を選択します。
    ※ ” “で囲われている部分が選択可能となります。
  4. マッチング検知を設定します。
    検知タイプで「マッチング検知」を選択します。

    追加を押下し、以下の内容を設定します。
  5. アラートメールを設定します。
    アラートメール送信先の追加を押下します。

    ポップアップした画面でメールアドレスを指定する事で異常発生時にアラートメールを受信できます。
    ※ アラートメール機能を使用する際は事前に環境設定 > メール通知の設定が必要となります。
    メール通知の設定については以下の記事をご参照し設定してください。
    アラートメールの仕様(環境設定/個別設定)
  6. テストを押下し、実際に取得できているかを確認します。

アラートメールの確認

上記の設定を行うことでAzureVMのステータスが「running」以外に遷移したことをアラートメールにより確認することができます。

以上でメトリクス監視を利用した特定のAzureVMのステータス監視についての説明は終了となります。

メトリクス監視におけるOAuth2.0認証の使用方法について前のページ

WindowsのIISアクセスログをLSCにて収集する方法次のページ

ピックアップ記事

  1. 自社製品をAMIにしてマーケットプレイスへ出品
  2. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  3. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  4. Zabbixヒストリデータのレポート生成について

関連記事

  1. Windows/Linux

    Windows10にSNMPの設定を追加する

    当記事では、Windows 10 にSNMP の設定を投入する手順につ…

  2. NW機器

    BUFFALO製スマートスイッチにおけるSNMP設定

    当記事では、BUFFALO製スマートスイッチにSNMP の設定を投入す…

  3. NW機器

    Cisco 製品にSNMP (v1, v2c) / Syslog の設定を追加する (Cisco C…

    当記事では、Cisco 製品からSNMP 並びにSyslog を取得す…

  4. ログ分析・監視テクニック

    ZabbixヒストリデータをLSCにて収集する方法について

    当記事では、ZabbixヒストリデータをLogStare Collec…

  5. NW機器

    PaloAltoにおけるTLS通信を利用したSYSLOG送信方法

    当記事では、PaloAltoにおけるTLS通信を利用してSyslog …

  6. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する

    当記事では、ジュピターテクノロジー株式会社様が国内で販売するntop社…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  2. NW機器

    SonicWall UTMにてSNMP(v1/v2/v3)を有効化する方法につい…
  3. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  4. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
PAGE TOP