LogStare Collector リファレンス

アラートメールの仕様(環境設定/個別設定)

アラートメールの仕様(環境設定/個別設定)

当記事では、LogStare Collector (以下 : LSC)における、アラートメールの仕様について記載します。

環境設定

最大2つのメールアドレスにて、アラートメールを受信することが出来ます。

下図の場合、example1@example.comに対してアラートメールが送信されます。

各設定項目の詳細については下記URLをご参照ください。

LogStare Collector における環境設定について

個別設定

個別の監視項目にてメールアドレスを設定すると、当該項目に関する通知は、環境設定にて設定したメールアドレスとは別のメールアドレスでアラートメールを受信することが出来ます。重要な監視項目や特別警戒したい監視項目については、個別で設定することを推奨いたします。
※予め「環境設定」>「メール通知使用」>「する」を選択しておく必要があります。

例えば下図の場合、「トラフィック(標準MIB)」において、「60以上」を1回検知すると、「example2@example.com」に対してアラートメールが送信されます。

アラートメールの仕様に関する説明は以上です。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

FortiGateにおけるCEF形式ログ送信設定前のページ

Palo AltoにおけるCEF形式ログ送信設定次のページ

ピックアップ記事

  1. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  2. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  3. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  4. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    ライセンス期間超過時における機能制限について

    当記事では、LogStare collectorにおけるライセンス期間…

  2. LogStare Collector リファレンス

    LogStare Collectorのログイン画面へ繋がらない

    事象LogStare Collector を起動後、ブラウザにてL…

  3. LogStare Collector リファレンス

    ファイル収集 – SCP – 編

    ファイル収集 - SCP - とは...収集対象サーバのディレクト…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
PAGE TOP