LogStare Collector リファレンス

アラートメールの仕様(環境設定/個別設定)

この記事は投稿日から3年以上経過しています。

アラートメールの仕様(環境設定/個別設定)

当記事では、LogStare Collector (以下 : LSC)における、アラートメールの仕様について記載します。

環境設定

最大2つのメールアドレスにて、アラートメールを受信することが出来ます。

下図の場合、example1@example.comに対してアラートメールが送信されます。

各設定項目の詳細については下記URLをご参照ください。

LogStare Collector における環境設定について

個別設定

個別の監視項目にてメールアドレスを設定すると、当該項目に関する通知は、環境設定にて設定したメールアドレスとは別のメールアドレスでアラートメールを受信することが出来ます。重要な監視項目や特別警戒したい監視項目については、個別で設定することを推奨いたします。
なお、個別設定にメールアドレスを設定した監視項目のアラートメールは、環境設定に設定したメールアドレスでは受信できなくなります。
個別にも2つメールアドレスを設定することができます。
※予め「環境設定」>「メール通知使用」>「する」を選択しておく必要があります。また個別に設定できるのは監視項目だけになります。収集項目では設定できません。

例えば下図の場合、「トラフィック(標準MIB)」において、「60以上」を1回検知すると、「example2@example.com」に対してアラートメールが送信されます。

メール以外のアラート通知手段について

2022年2月14日にリリースしたLogStare Collector v2.2.0 build 220121 にて
頂アラートメールでの通知に加え、外部警報機器との連動出来るようになりました。
詳細は以下の記事をご参照ください。

システム障害を光と音のアラートですぐ察知!【警子ちゃんの活用例】
【物理で解決】絶対に見逃さない!システム障害のアラートにアレを実装してみた!
【物理で解決】絶対に見逃さない!システム障害のアラートにアレを実装してみた!2.0

アラートメールの仕様に関する説明は以上です。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

FortiGateにおけるCEF形式ログ送信設定前のページ

Palo AltoにおけるCEF形式ログ送信設定次のページ

ピックアップ記事

  1. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  2. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  3. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  4. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    CloudWatch監視対応サービス一覧

    当記事では、LogStare Collecotor(以下、LSCと記載…

  2. LogStare Collector リファレンス

    取得エラー判定回数と閾値の監視設定について

    当記事では、取得エラー判定回数と閾値の監視設定について記載します。…

  3. LogStare Collector リファレンス

    リリースノート一覧

    LogStare Collectorのリリースノート一覧になります。…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  2. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  3. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  4. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  5. 実践記事

    DNSキャッシュポイズニングやってみた
PAGE TOP