LogStare Collector リファレンス

LogStare Collectorにて収集したログデータの圧縮周期について

当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)にて収集したログデータの圧縮周期について記載します。

概要

LSCは、収集したログデータを通常日次にて圧縮します。この圧縮処理は1時間周期に変更することも出来ます。

圧縮保管周期の変更方法

変更方法はLinux版、Windows版共に共通です。

  • LSCを停止します。
  • {LSCのインストール先ディレクトリ}/logstarecollector/etc配下のlsc-site.confファイルを編集します。必要であればバックアップを取得してください。
  • 「channel_log_pattern」における規定パラメータ「yyyyMMdd」の末尾に「HH」を追記することで圧縮周期を1時間周期に変更することが出来ます。

【変更前】

~省略~
# directory for channel logging
channel = ${sa_kallista_home}/data/channel

# channel Log Pattern
channel_log_pattern = yyyyMMdd   ###変更対象###

# relay File(hlog) Rotate Interval (min)
relay_rotate_interval = 1
~省略~

【変更後】

~省略~
# directory for channel logging
channel = ${sa_kallista_home}/data/channel

# channel Log Pattern
channel_log_pattern = yyyyMMddHH   ###変更対象###

# relay File(hlog) Rotate Interval (min)
relay_rotate_interval = 1
~省略~
  • LSCを起動します。

圧縮周期の変更はパラメータ変更後から反映されます。圧縮周期の変更は既に圧縮されたログデータやログ検索に影響はありません。

備考

圧縮周期を日次周期から1時間周期に変更した時、最初に圧縮されるログデータは圧縮周期を変更した日時の0:00から圧縮周期変更後のHH:00までに収集したログデータが対象になります。従って、最初に圧縮されるログデータはそれ以降に圧縮されるログデータと比較してデータサイズが大きくなる可能性があります。

以上でLogStare Collectorにて収集したログデータの圧縮周期についての説明は終了です。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

paloalto-edl-hostingEDL Hosting Serviceとは?クラウドサービスへの通信を制御する方法を解説前のページ

LogStare CollectorにおけるSYSLOGデータの振り分けについて次のページ

ピックアップ記事

  1. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  2. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  3. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  4. ログフォワーダー「okurun.jar」について

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    TLS通信を使用したSYSLOG収集 Windows版

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

  2. LogStare Collector リファレンス

    M365 監査ログ(旧 O365 監査ログ)収集の設定

    当記事では、LogStare Collector v2.2.0にて追加…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  2. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  3. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  4. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  5. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
PAGE TOP