Tech-Blog

Linuxにて特定のアウトバウンド通信を許可するための設定例

当記事では、Linuxにて特定のアウトバウンド通信を許可するための設定例について記載します。

前提条件

  • 当記事ではhttpサービスのポートをTCP/80の前提で記載しています。
  • 当記事の手順はすべて管理者権限にて実施しています。
  • 当記事の記載内容は下記環境にて実施したものです。
  • 当記事内のアウトバウンド通信制御設定はあくまで一例です。
OS CentOS7.8
firewalld 0.6.3

事前設定

  • 事前に下記のコマンドにてアウトバウンド通信制御を実施します。
# firewall-cmd --permanent --direct --add-rule ipv4 filter OUTPUT 1 -p icmp --icmp-type 0 -j ACCEPT
success
# cat /proc/sys/net/ipv4/ip_local_port_range
32768   60999
# firewall-cmd --permanent --direct --add-rule ipv4 filter OUTPUT 2 -p tcp --dport 32768:60999 -j ACCEPT
success
# firewall-cmd --permanent --direct --add-rule ipv4 filter OUTPUT 65000 -p tcp -j REJECT
success
# firewall-cmd --reload
success
# iptables -nvL --line-numbers
~省略~
Chain OUTPUT_direct (1 references)
num   pkts bytes target     prot opt in     out     source               destination      
1        0     0 ACCEPT     icmp --  *      *       0.0.0.0/0            0.0.0.0/0            icmptype 0
2     2997 8558K ACCEPT     tcp  --  *      *       0.0.0.0/0            0.0.0.0/0            tcp dpts:32768:60999
3       84  5040 REJECT     tcp  --  *      *       0.0.0.0/0            0.0.0.0/0            reject-with icmp-port-unreachable

外部のhttpサービスにアクセスする場合

  • ダイレクトルールにて設定します。Chain OUTPUT_directに下記コマンドで宛先TCP/80番宛通信の許可設定を投入します。
# firewall-cmd --permanent --direct --add-rule ipv4 filter OUTPUT 3 -p tcp --dport 80 -j ACCEPT
success
# firewall-cmd --reload 
success
# iptables -nvL --line-numbers
~省略~
Chain OUTPUT_direct (1 references)
num   pkts bytes target     prot opt in     out     source               destination      
1        0     0 ACCEPT     icmp --  *      *       0.0.0.0/0            0.0.0.0/0            icmptype 0
2     1156  145K ACCEPT     tcp  --  *      *       0.0.0.0/0            0.0.0.0/0            tcp dpts:32768:60999
3        0     0 ACCEPT     tcp  --  *      *       0.0.0.0/0            0.0.0.0/0            tcp dpt:80
4    38026 2281K REJECT     tcp  --  *      *       0.0.0.0/0            0.0.0.0/0            reject-with icmp-port-unreachable
  • 追加したルールの削除方法は下記コマンドにて実施します。
# firewall-cmd --permanent --direct --remove-rule ipv4 filter OUTPUT 3 -p tcp --dport 80 -j ACCEPT
success
# iptables -nvL --line-numbers
~省略~
Chain OUTPUT_direct (1 references)
num   pkts bytes target     prot opt in     out     source               destination      
1        0     0 ACCEPT     icmp --  *      *       0.0.0.0/0            0.0.0.0/0            icmptype 0
2     2997 8558K ACCEPT     tcp  --  *      *       0.0.0.0/0            0.0.0.0/0            tcp dpts:32768:60999
3       84  5040 REJECT     tcp  --  *      *       0.0.0.0/0            0.0.0.0/0            reject-with icmp-port-unreachable

以上でLinuxにて特定のアウトバウンド通信を許可するための設定例についての説明は終了となります。

Windowsファイアウォールにて特定のアウトバウンド通信を許可するための設定例前のページ

LSCのアウトバウンド通信にて利用するプロトコルについて次のページ

ピックアップ記事

  1. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  2. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  3. 自社製品をAMIにしてマーケットプレイスへ出品
  4. ログフォワーダー「okurun.jar」について

関連記事

  1. NW機器

    Allied Telesis(インテリジェント・エッジ・スイッチ)にSNMP v1/SNMPv2c設…

    当記事では、Allied Telesis社のインテリジェント・エッジ・…

  2. Windows/Linux

    Windows Server 2016 (2012) / Windows 10 にて、WMI 通信の…

    当記事では、LogStare Collector にて、Windows…

  3. Windows/Linux

    Windows Server 2016 (2019,2012) /Windows 10 にて、監査ロ…

    当記事では、WMI における各種監査ログを出力するまでの設定方法を記載…

  4. ログ分析・監視テクニック

    Zabbixヒストリデータのレポート生成について

    当記事では、NetStare Suite(以下、NSSと記載)における…

  5. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API監視について

    当記事では、Nutanix Prism におけるSNMP監視/REST…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. NW機器

    SonicWall UTMにてSNMP(v1/v2/v3)を有効化する方法につい…
  2. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  3. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  4. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
PAGE TOP