Tech-Blogカテゴリにおけるサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

当記事では、VMware ESXiにおけるSNMPサービスの有効化方法について記載いたします。

対象バージョン

・VMware ESXi 6.5.0

事前準備

・VMware ESXi へ VMware Host Client による接続が行える環境を用意します。

設定内容

SSHサービスの有効化

  1. VMware Host Client へログインし、ナビゲーターの「ホスト」を選択し、画面右上の「アクション」を選択します。
  2. 「サービス」より「SSHの有効化」を選択します。
  3. 以下のメッセージが出力されていることを確認します。

SNMP サービスの有効化

  1. TeraTermにて、VMware ESXi へ SSH接続を行います。
    VMware ESXiではデフォルトではSSHのパスワード認証が許可されていない為、認証情報の入力画面にて、「ユーザ名」を入力後、「キーボードインタラクティブ認証を使う」を選択する必要があります。
  2. 【Community Name】にSNMPのコミュニティ名を指定します。
  3. SNMPサービスを有効化します。
  4. 特定のSNMP マネージャとだけ通信を許可する場合は、下記設定を追加します。
  5. firewall にsnmp へのアクセスを許可するルールを追加します。
  6. snmp サービスを起動します。
  7. SNMP マネージャ側からSNMP ポーリングが行えることを確認します。

以上で VMware ESXi における SNMPサービス有効化は完了です。


この情報の発信者

セキュアヴェイルグループ(SecuAvail Inc. | CareAvail Inc. | LogStare Inc.)