NW機器

FortiGateにおけるTLS通信を利用したSYSLOG送信方法

この記事は投稿日から2年以上経過しています。

当記事では、FortiGateにおけるTLS通信を利用してSyslog を送信する方法を記載します。
FortiGateにおけるTLS通信を利用したSyslogの送信方式は”Octet Counting”の方式となっており、 LSCv2.1.0build210215以降のバージョンにて取得可能です。
Troubleshooting Tip: FortiGate syslog via TCP and log parsing – RFC6587
※ LSCv2.1.0build210215から”Octet Counting”の方式に対応しました。(2021/02/17)

事前準備

  • LogStare Collector (以下、LSCと記載) サーバのIP アドレスをチェックします。
    ※当記事では、172.23.61.102 をLSCサーバとして扱います。
  • LSC側のTLS通信を使用したSyslog収集の設定を行います。
    ※TLS通信を使用したSyslog収集のLSCにおける設定方法は、以下の記事をご参照ください。
    TLS通信を使用したSYSLOG収集 Linux版
    TLS通信を使用したSYSLOG収集 Windows版
  • LSC サーバでlsc-site.confにて設定したチェーン証明書に記載されているルートCA証明書を用意します。
  • FortiGateがSyslog送信先とするLSCサーバのFQDNまたはIPアドレスと、LSCに設定されたサーバ証明書のCommon Nameを一致させる必要があります。
    一致していない場合、Syslogの送信は失敗しますのでご注意ください。

設定方法

証明書の設定

  1. FortiGate のWeb UI内左部メニューより、 システム > 証明書 をクリックします。
  2. インポート > CA証明書 をクリックします。
  3. [ファイル]を選択し、事前準備にて用意したルートCA証明書をアップロードします。
  4. エクスターナル証明書に追加されていることを確認します。

Syslogサーバの設定

  1. 左上のマーク「>_」をクリックし、CLIコンソールを開きます。
  2. Syslogサーバを設定するために、以下のコマンドで設定画面に移行します。
    FG-60D # config log syslog setting
    
  3. TLSによるSyslogの設定を追加します。
    FG-60D(setting) # set status enable
    FG-60D(setting) # set server "172.23.61.102"
    FG-60D(setting) # set mode reliable
    FG-60D(setting) # set port 10514
    FG-60D(setting) # set facility local7
    FG-60D(setting) # set format default
    FG-60D(setting) # set enc-algorithm high-medium
    FG-60D(setting) # set ssl-min-proto-version default
    
  4. 設定を保存します。
    FG-60D(setting) # end
    
  5. 設定が入っているか、確認をします。
    FG-60D(setting) # show full-configuration
    config log syslogd setting
        set status enable
        set server "172.23.61.102"
        set mode reliable
        set port 10514
        set facility local7
        set format default
        set enc-algorithm high-medium
        set ssl-min-proto-version default
        set certificate ''
    end
    

以上でFortiGateにおけるTLS通信を利用したSYSLOG送信方法の説明は終了となります。

 

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

テキストマッチングを利用したAudit.logの監視について前のページ

LSC v2.0.1 build 201113 リリースノート次のページ

ピックアップ記事

  1. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  2. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  3. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  4. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品

関連記事

  1. FortiGate

    【現場SE奮闘記 vol.2 】「天狗となったエンジニア」~FortiGate NATの仕様編~

    筆致についてはタイトル毎に統一されていません。あらかじめご了承ください…

  2. NW機器

    SonicWall UTMにてSNMP(v1/v2/v3)を有効化する方法について

    当記事では、SonicWall UTMにてSNMP(v1/v2/v3)…

  3. NW機器

    Palo Alto にSNMP v2c / Syslog 設定を追加する

    当記事では、Palo Alto からSNMP 並びにSyslog を取…

  4. Windows/Linux

    Linuxにて特定のインバウンド通信を許可するための設定例

    当記事では、Linuxにて特定のインバウンド通信を許可するための設定例…

  5. Windows/Linux

    Evntwinの使い方

    当記事では、Evntwinの使い方について記載します。※当記事内で…

  6. NW機器

    Cisco 製品にSNMP (v1, v2c) / Syslog の設定を追加する (Cisco C…

    当記事では、Cisco 製品からSNMP 並びにSyslog を取得す…

ナレッジステアはセキュアヴェイルグループが運営しています

ネットワーク管理者向けセキュリティセミナー

無料で使えるシステム監視・ログ管理ソフト

  1. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  2. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  3. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  4. 実践記事

    DNSキャッシュポイズニングやってみた
  5. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
PAGE TOP