LogStare Collector 仕様・不具合

【仕様】ログに表示されるステータスコード一覧

LogStare Collector 左部メニュー[ログデータ] → [検索・ダウンロード]より閲覧可能な、

監視項目ごとの収集結果についている[status] コードについて、一覧を記載いたします。

コードNo.1 : FAIL
取得に失敗した場合。

コードNo.2 : OK
取得が正常に行われた場合。

コードNo.3 : CAUTION
取得が正常に行われたものの、しきい値が指定の注意回数を超過した場合。

コードNo.5 : WARNING
取得が正常に行われたものの、しきい値が指定の警告回数を超過した場合。

 

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

Linux 版 LogStare Collector にWMI パッケージをインストールする前のページ

LSC v1.6.1 build 190201 リリースノート次のページ

ピックアップ記事

  1. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  2. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  3. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  4. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…

関連記事

  1. LogStare Collector 仕様・不具合

    【仕様】LogStare Collectorにおけるデバイス一括登録の可否

    LogStare Collectorにはデバイスの一括登録機能はござい…

  2. NW機器

    【仕様】VPNトンネルの認証方式においてIKE2を使用した場合、「FortiGuard_VPNステー…

    事象VPNトンネルの認証方式においてIKE2を使用した場合、監視項…

  3. LogStare Collector 仕様・不具合

    【仕様】Ping監視の処理開始時刻と監視間隔の関係

    Ping監視は、負荷を避ける為に1台づつ5秒の間隔で処理を開始する仕様…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
PAGE TOP