LogStare Collector 仕様・不具合

【仕様】LogStare Collectorにおけるログファイル保存先変更の可否

この記事は投稿日から2年以上経過しています。

LogStare Collector(以下、LSCと記載)には、ログファイルの保存先を変更する機能はございません。
LSCをインストールしたドライブにログが保存されます。
従って、ログの保存先を変更したい場合はログを保存したいドライブにLSCを再インストールする必要がございます。
(例えば、現在はCドライブにLSCをインストールしているが、ログをDドライブに保存したい場合、DドライブにLSCを改めてインストールする必要がございます。)

※2020年9月1日にてリリースしたv2.0.0にてログ保管先変更機能が追加されました。
機能につきましては、下記の記事をご参照ください。
ログ保管ディレクトリ変更機能について

アンインストール方法・インストール方法につきましては、下記の記事をご参照ください。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

【仕様】LSCにおけるダッシュボードのトラフィック監視について前のページ

FortiGate・Palo AltoのSNMPが取得できない次のページ

ピックアップ記事

  1. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  2. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  3. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  4. ログフォワーダー「okurun.jar」について

関連記事

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  2. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  3. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  4. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  5. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
PAGE TOP