FortiGate・Palo Alto側での確認事項

  • 対象のインターフェースでSNMP通信が許可されている事
  • SNMPの設定でLogStare Collector(以下、LSCと記載)のIPアドレスとコミュニティ名が設定されている事

LSC側での確認事項

  • デバイス設定において監視対象機器の「IPアドレス」、「コミュニティ名」が正しく設定されている事
  • 監視・収集の情報が最新である事
    「システム管理」→「サポート」→「監視・収集設定に必要な更新データを取得します。」→「ダウンロード」をクリックすると下記の何れかのポップアップが表示されます。

    • 「最新データにアップデート済みです。」
    • 「監視・収集設定データをアップデートしました。」

※SNMP通信が正常な場合、デバイス更新画面にて「メーカー名」「OS」「製品名」等の情報が確認できます。
また、情報を更新した際は、一度更新ボタンを押してから監視項目スキャンをする必要がございます。

LSCをインストールしたOSでの確認事項

  • FirewallにてSNMP通信で必要な161/162ポートが許可されている事

※上記確認事項をご確認の上、下記の記事をご参照ください。

FortiGate にSNMP (v1, v2c) / Syslog 設定を追加する
Palo Alto にSNMP (v1, v2c) / Syslog 設定を追加する


この情報の発信者

セキュアヴェイルグループ(SecuAvail Inc. | CareAvail Inc. | LogStare Inc.)