LogStare Collector リファレンス

LogStare Collector情報取得方法

この記事は投稿日から3年以上経過しています。

当記事ではLogStare Collectorについて、トラブル発生時に弊社にお送り頂く LogStare Collectorに関する情報の取得方法について記載致します。

更新履歴

2019/03/19 新規公開しました。
2022/02/14【取得内容】を追記しました。

事前準備

  • LogStare Collectorが起動状態であること。

取得方法

    1. LogStare Collector管理画面より『システム管理 > サポート』を選択します。
    2. 『サポートに必要なシステム情報を取得します。』と記載されている下部の『ダウンロード』を選択します。
    3. 『サポート情報をダウンロードしますか?』と表示されたら『はい』を選択します。
    4. support_info.zip』がダウンロードされていることを確認します。
    5. support_info.zip』を解凍し、以下ファイルが含まれる事を確認します。

    以上で、LogStare Collector情報取得は完了となります。

取得内容

support_info.zipに含まれる内容は下記の通りです。

  • {LSCのインストール先ディレクトリ}/logstarecollector/etc/db/配下のkallista.dataファイル
  • {LSCのインストール先ディレクトリ}/logstarecollector/sbin/配下の全ファイル
  • {LSCのインストール先ディレクトリ}/logstarecollector/logs/lsc.logファイル
  • support_info.txt

LogStare Collector v2.1.0 build210215より下記の内容を追加しました。

  • {LSCのインストール先ディレクトリ}/logstarecollector/logs/logs/lsc*.gz (直近の1個ファイルのみ)

LogStare Collector v2.2.0 build22xxxxよりサーバのポート利用状況とプロセスに関する情報をsupport_info.txtに含めるようになりました。

以上で、LogStare Collectorに関する情報の取得方法についての説明は終了となります。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

LSC v1.7.0 build 190308 リリースノート前のページ

SNMPv2のススメ次のページ

ピックアップ記事

  1. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  2. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  3. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  4. ログフォワーダー「okurun.jar」について

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    Windowsにおける、CPU使用率監視の修正と追加について

    当記事では、 について記載します。修正事項監視項目 を削除しま…

  2. LogStare Collector リファレンス

    M365 監査ログ(旧 O365 監査ログ)収集の設定

    当記事では、LogStare Collector v2.2.0にて追加…

Microsoft365もっと活用セミナー

ナレッジステアはセキュアヴェイルグループが運営しています

ネットワーク管理者向けセキュリティセミナー

無料で使えるシステム監視・ログ管理ソフト

  1. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  2. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  3. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  4. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  5. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
PAGE TOP