LogStare Collector リファレンス

Windows版LogStare Collectorにて使用するJavaの準備方法

当記事では、Windows版LogStare Collector(以下、LSCと記載)にて使用するJavaの準備方法について記載します。
当記事内ではmicrosoft-jdk-16.0.1を例としています。

更新履歴

2021/12/14 新規公開しました。
2021/12/27 msiファイルでの準備方法を追記しました。LSCインストール時におけるJavaのパス指定の具体例を追記しました。

手順(zipファイル)

  1. 以下の記事より利用するLSCのバージョンに応じたJDKのダウンロードリンクを選択してください。microsoft-jdkであればMicrosoft社公式のダウンロードページへのリンクが記事内にあります。
    LogStare Collectorの動作確認済JDKについて
  2. 対応するバージョンを確認して、zip形式にてダウンロードしてください。
  3. JDKを配置するフォルダをLSCインストールサーバ上に作成します。記事ではC:Program Files\Java配下にJDKを配置する想定です。
  4. ダウンロードしたzipファイルをC:Program Files\Java配下に解凍します。
  5. 解凍されたファイルが正常に配置されているか確認します
  6. LSCインストール時に指定する「JAVA(JRE)ディレクトリ」としてJDKを配置した箇所を指定します。本項目の場合では「C:\Program Files\Java\jdk-16.0.1+9」になります。

手順(msiファイル)

以上でWindows版LogStare Collectorにて使用するJavaの準備方法についての記載は終了します。

  1. 以下の記事より利用するLSCのバージョンに応じたJDKのダウンロードリンクを選択してください。microsoft-jdkであればMicrosoft社公式のダウンロードページへのリンクが記事内にあります。
    LogStare Collectorの動作確認済JDKについて
  2. 対応するバージョンを確認して、msi形式にてダウンロードしてください。
  3. LSCをインストールするサーバのデスクトップ上にダウンロードしたmsi形式のJDKファイルを配置して実行します。
  4. 「カスタムセットアップ」まで進めます。JDKのインストール先を確認するため右下の「参照」を押下します。
  5. インストール先フォルダを確認します。インストール先フォルダはLSCインストール時にJDKパスを指定する時に利用します。確認が終了したら「カスタムセットアップ」に戻り、右下の「次へ」を押下します。
  6. インストールの確認画面が表示されます。右下の「インストール」を押下します。
  7. インストール先を確認します。
  8. LSCインストール時に指定する「JAVA(JRE)ディレクトリ」としてJDKを配置した箇所を指定します。本項目の場合では「C:\Program Files\Microsoft\jdk-16.0.1.9-hotspot」になります。

以上でWindows版LogStare Collectorにて使用するJavaの準備方法についての説明は終了です。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

Windows版LogStare Collectorを利用時にWMI収集対象サーバからイベントID「10036」のログが発生する事象について前のページ

【2021/12/29更新】Log4jの脆弱性(CVE-2021-44228)に対する各UTM/IPS/WAF/ファイアウォールの対応状況について次のページ

ピックアップ記事

  1. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  2. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  3. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  4. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    TLS通信を使用したSYSLOG収集 Linux版

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

  2. LogStare Collector リファレンス

    ファイル収集 – HTTP – 編

    ファイル収集 - HTTP - とは...収集対象サーバのディレク…

  3. LogStare Collector リファレンス

    ファイル収集 – FTP,FTP(passive) – 編

    ファイル収集 - FTP,FTP(passive)- とは...F…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  2. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  3. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  4. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  5. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
PAGE TOP