LogStare Collector リファレンス

Windows版LogStare Collectorにて使用するJavaの準備方法

この記事は投稿日から2年以上経過しています。

当記事では、Windows版LogStare Collector(以下、LSCと記載)にて使用するJavaの準備方法について記載します。
当記事内ではmicrosoft-jdk-16.0.1を例としています。

更新履歴

2021/12/14 新規公開しました。
2021/12/27 msiファイルでの準備方法を追記しました。LSCインストール時におけるJavaのパス指定の具体例を追記しました。

手順(zipファイル)

  1. 以下の記事より利用するLSCのバージョンに応じたJDKのダウンロードリンクを選択してください。microsoft-jdkであればMicrosoft社公式のダウンロードページへのリンクが記事内にあります。
    LogStare Collectorの動作確認済JDKについて
  2. 対応するバージョンを確認して、zip形式にてダウンロードしてください。
  3. JDKを配置するフォルダをLSCインストールサーバ上に作成します。記事ではC:Program Files\Java配下にJDKを配置する想定です。
  4. ダウンロードしたzipファイルをC:Program Files\Java配下に解凍します。
  5. 解凍されたファイルが正常に配置されているか確認します
  6. LSCインストール時に指定する「JAVA(JRE)ディレクトリ」としてJDKを配置した箇所を指定します。本項目の場合では「C:\Program Files\Java\jdk-16.0.1+9」になります。

手順(msiファイル)

以上でWindows版LogStare Collectorにて使用するJavaの準備方法についての記載は終了します。

  1. 以下の記事より利用するLSCのバージョンに応じたJDKのダウンロードリンクを選択してください。microsoft-jdkであればMicrosoft社公式のダウンロードページへのリンクが記事内にあります。
    LogStare Collectorの動作確認済JDKについて
  2. 対応するバージョンを確認して、msi形式にてダウンロードしてください。
  3. LSCをインストールするサーバのデスクトップ上にダウンロードしたmsi形式のJDKファイルを配置して実行します。
  4. 「カスタムセットアップ」まで進めます。JDKのインストール先を確認するため右下の「参照」を押下します。
  5. インストール先フォルダを確認します。インストール先フォルダはLSCインストール時にJDKパスを指定する時に利用します。確認が終了したら「カスタムセットアップ」に戻り、右下の「次へ」を押下します。
  6. インストールの確認画面が表示されます。右下の「インストール」を押下します。
  7. インストール先を確認します。
  8. LSCインストール時に指定する「JAVA(JRE)ディレクトリ」としてJDKを配置した箇所を指定します。本項目の場合では「C:\Program Files\Microsoft\jdk-16.0.1.9-hotspot」になります。

以上でWindows版LogStare Collectorにて使用するJavaの準備方法についての説明は終了です。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

Windows版LogStare Collectorを利用時にWMI収集対象サーバからイベントID「10036」のログが発生する事象について前のページ

【2021/12/29更新】Log4jの脆弱性(CVE-2021-44228)に対する各UTM/IPS/WAF/ファイアウォールの対応状況について次のページ

ピックアップ記事

  1. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  2. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  3. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  4. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    LogStare Collectorの動作確認済JDKについて

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

  2. LogStare Collector リファレンス

    WMI収集の設定

    当記事では、選択したWindowsデバイスに対してWMIによるイベント…

  3. LogStare Collector リファレンス

    CloudWatch監視の設定

    当記事では、LogStare Collector v2.1.3 bui…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  2. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  3. 実践記事

    DNSキャッシュポイズニングやってみた
  4. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  5. デフォルト画像イメージ

    FortiGate

    FortiGateのSD-WAN設定について
PAGE TOP