LogStare Collector リファレンス

LogStare Collectorのログイン画面へ繋がらない

この記事は投稿日から4年以上経過しています。

事象

LogStare Collector を起動後、ブラウザにてLogStare Collectorのログイン画面へ繋がらない。

1. ブラウザが推奨のものか確認

LogStare Collectorにアクセスする際、弊社推奨ブラウザであるGoogle Chrome以外のブラウザを用いるとうまく繋がらない場合がございます。
Google Chromeをご使用ください。

2. 時間をおいて再アクセスできるか確認

LogStare Collectorの起動後すぐにアクセスすると失敗する場合がございます。
スペックによっては、起動に時間がかかることがありますので、
3分程お待ちいただいたのち再度アクセスを試みてください。

3. URLに指定するポート番号の確認

ポート番号を変更している場合、IPアドレスの最後に指定したポート番号をつける必要があります。
詳細につきましては、下記の記事をご参照ください。
LogStare Collectorへのログイン及びログアウト Windows/Linux共通

4. URLに指定するプロトコル(http/https)の確認

LogStare CollectorにおいてSSL化されている場合、httpをhttpsに変えてアクセスする必要がございます。
なお、弊社ナレッジベースを基にSSL化をされていない場合アクセスに失敗する可能性がございますので、下記ナレッジベースを基に設定いただくことを推奨いたします。

5. LSCが利用するJavaのメモリサイズの確認

JAVAの最大ヒープ領域のサイズが不足している場合、JVMが停止している可能性があります。
以下の手順で、JAVAの最大ヒープ領域のサイズを変更して動作を安定させてください。

1.サービスよりLSCを停止します。

2.start_kallista.batの編集
LogStareCollector/sbin配下にある
start_kallista.batファイル内下部に2か所存在している
「-Xss256K -Xmx512m -Xms128m」という記述を
「-Xss256K -Xmx2048m -Xms128m」へ変更する。

Windows版

編集前

編集後

Linux版

編集前

編集後

6. ブラウザ内でエラーが発生しているか確認

ブラウザーのデベロッパーツールでスクリプトエラーが起こっているのか確認してください。

ダッシュボードを表示しているページで「F12」をクリックすると、開発者ページが表示されます。

「Console」タブを表示してエラーが出ていれば、弊社サポート窓口まで送付してください。

また、LSC推奨ブラウザはchromeになります。エラーの起こったブラウザの種類とバージョンの情報も併せてお寄せください。

解決しない時

下記ページを参照して、弊社問い合わせフォームよりお問い合わせください。
LogStare Collectorの障害や不具合に関するお問い合わせにおいて連携頂きたい情報について

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

LogStare Collectorが起動しない(Windows版)前のページ

Windows10,11にSNMPの設定を追加する次のページ

ピックアップ記事

  1. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  2. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  3. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  4. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    URL監視の使用方法

    当記事では、URL監視の使用方法について記載します。使用方法U…

  2. LogStare Collector リファレンス

    ダッシュボードについて(LogStare Collector v2.1.0)

    当記事では、LogStare Collectorにおけるダッシュボード…

  3. LogStare Collector リファレンス

    アラートメールの仕様(環境設定/個別設定)

    アラートメールの仕様(環境設定/個別設定)当記事では、LogSta…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  2. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  3. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  4. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  5. デフォルト画像イメージ

    FortiGate

    FortiGateのSD-WAN設定について
PAGE TOP