当記事では、サービスを起動したLogStare Collector (以下 : LSC)にログイン及びログアウトする手順、ログインパスワードの変更手順を記載します。

  • LSCのログイン手順
  • LSCのログアウト手順
  • ログインパスワードの変更手順

LSCのログイン手順

  1. ブラウザを開き、URLにLSCサーバIPアドレスと、インストール時に指定したポート番号を入力します。
    例:「http://192.168.xxx.xxx:80/」
    ※ポート番号は、Windows版では「kallista_env.cmd」、Linux版では「kallista_env.sh」を編集して変更ができます。
  2. LSCに接続が成功すると下図のログイン画面が表示されます。
    IDとパスワードを入力します。
    (デフォルトユーザID:admin パスワード:root1234)
    「ログイン」をクリックします。

    ※初期パスワードは必ず変更してください。
    ※下記、LSCのログインパスワードの変更手順をご参照ください。
  3. ログインに成功すると、LSCの画面が表示されます。

    ※LSCへの接続に失敗する場合は、OSのファイアウォール設定などをご確認ください。

LSCのログアウト手順

  1. 画面右上にある「admin」にマウスカーソルを合わせます。
  2. カーソルを合わせると「ログアウト」が表示されるので、「ログアウト」をクリックします。
  3. ログアウトすると、LSCのログイン前の画面に切り替わります。

LSCのログインパスワードの変更手順

  1. メニューの「システム管理」から「アカウント管理」をクリックします。
  2. 表示された「アカウント管理」画面にて、変更するアカウントを選択します。
  3. 「現在のパスワード」と「新しいパスワード」、「新しいパスワード確認」に必要な値を入力します。
    初期パスワードは「root1234」で設定されています。
    ※初期パスワードは必ず変更してください。
    ※パスワードは6文字以上で設定してください。
    「更新」をクリックすると、変更ができます。
  4. 更新確認画面が表示されますので「はい」をクリックします。

この情報の発信者

セキュアヴェイルグループ(SecuAvail Inc. | CareAvail Inc. | LogStare Inc.)