LogStare Collector リファレンス

監視対象デバイスの設定

この記事は投稿日から1年以上経過しています。

当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)上の監視対象のデバイスを設定する手順を記載します。

LSCでは「サーバ」、「ファイアウォール」、「L2/L3 スイッチ」など多種多様なデバイスを監視することができ、デバイスごとに監視項目や収集するログを設定できます。

監視対象デバイスの追加

  1. 監視・ログ設定 > デバイス・グループに移動します。
  2. デバイスを追加するグループを選択し、「+」をクリックします。
  3. 「デバイス追加」画面にて追加するデバイス情報を設定し、「追加」をクリックします。
    ①LSCにて表示するデバイス名を設定します。
    ※デバイス登録後も変更することができます。

    ②監視対象デバイスのIPアドレスを設定します。
    ※デバイス登録後の変更はできません。

    ③LSCにて表示するアイコンを設定します。
    ※デバイス登録後も変更することができます。

    ④監視を行う監視間隔を設定します。(PROライセンスが必要な機能です。)
    監視間隔は10秒~3600秒を設定することができますが、監視間隔を短くするほど、システム負荷が上昇します。
    ※デバイス登録後も変更できます。

    ⑤監視データの保管期間を確認することができます。
    監視データ保管期間の変更は、環境設定画面にて変更することができます。
    ⑥収集ログの保管期間を設定します。
    ※無償版では監視データ保管期間及び収集ログ保管期間は10日固定です。
    ※監視データ保管期間と収集ログ保管期間につきましては、下記の記事をご参照ください。
    監視データ保管期間と収集ログ保管期間について

    ⑦監視対象デバイスに設定されているSNMPバージョン(v1,v2c,v3の選択が可能)とSNMPコミュニティを設定します。
    ※SNMPコミュニティはv1,v2cのみの設定です。
    下図の例ではSNMPバージョン2を選択した場合の設定画面です。

    v3の設定は下記の通りです。
    ①認証に使用するユーザ名を設定します。

    ②監視対象デバイスに設定されているセキュリティレベルを選択します。

    ③監視対象デバイスに設定されているコンテキスト名を設定します。

    ④監視対象デバイスに設定されているエンジンID(16進数表記)を設定します。
    「セキュリティレベル」が「noAuthNoPriv」の場合

    上記のほかに下記の設定が必要です。
    ⑤監視対象デバイスに設定されている認証プロトコルを選択します。
    選択可能な認証プロトコルは下記の通りです。
    "MD5","SHA","SHA224","SHA256","SHA384","SHA512"

    ⑥監視対象デバイスに設定されている認証パスフレーズを設定します。

    「セキュリティレベル」が「authNoPriv」の場合

    上記のほかに下記の設定が必要です。
    ⑦監視対象デバイスに設定されている暗号化プロトコルを選択します。
    選択可能な暗号化プロトコルは下記の通りです。
    "DES","AES128","AES192","AES192With3DESKeyExtension","AES256","AES256With3DESKeyExtension","3DES"

    ⑧監視対象デバイスに設定されている暗号化パスフレーズを選択します。
    「セキュリティレベル」が「authPriv」の場合

  4. 登録確認画面が表示されますので「はい」をクリックします。
  5. デバイスが追加されたことを確認したらデバイス設定作業は完了です。
    デバイスを複数設定したい場合はこの操作を繰り返します

監視対象デバイスの変更

  1. 「デバイス一覧」から設定情報を変更するデバイスをクリックします。
  2. 表示された「デバイス更新」画面にて設定情報の変更を行い、「更新」をクリックします。
    ※IPアドレスの変更はできません。
  3. 更新確認画面が表示されますので「はい」をクリックします。

※監視項目スキャンと監視項目追加につきましては、下記の記事を参照してください。
監視項目スキャンについて

監視対象デバイスの削除

  1. 「デバイス一覧」から削除するデバイスをクリックします。
  2. 表示された「デバイス更新」画面にて「削除」をクリックします。
  3. 削除確認画面が表示されますので「はい」をクリックします。

以上で監視対象のデバイスを設定する手順についての説明は終了となります。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

グループの追加について前のページ

監視項目スキャンについて次のページ

ピックアップ記事

  1. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  2. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  3. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  4. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    取得エラー判定回数と閾値の監視設定について

    当記事では、取得エラー判定回数と閾値の監視設定について記載します。…

  2. LogStare Collector リファレンス

    LogStare Collector のNetStare Suite 連携トライアルにおけるチュート…

    はじめに当記事では、11月20日よりリリースいたしました、「Log…

  3. LogStare Collector リファレンス

    ファイル収集 - HTTP - 編

    ファイル収集 - HTTP - とは...収集対象サーバのディレク…

  4. LogStare Collector リファレンス

    M365 監査ログ(旧 O365 監査ログ)収集の設定

    当記事では、LogStare Collector v2.2.0にて追加…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  2. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  3. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  4. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  5. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
PAGE TOP