LogStare Collector リファレンス

グループの追加について

この記事は最終更新から1年以上経過しています。

当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)上での管理用グループを設定する手順を記載します。

デバイスを監視するには、監視するデバイスをLSC上の管理用グループに登録する必要があります。

初期設定で「MyNetwork」が生成されていますが、グループは目的に応じて任意で作成することができます。

追加方法

  1. 監視・ログ収集設定 > デバイスグループをクリックします。
  2. 「監視・ログ収集設定」画面のグループにて「+」をクリックします。
  3. 表示されたグループ追加画面にて、親グループと作成グループ名、アイコンを設定し、『追加』をクリックします。
    (最上位)ならば一番下に追加され、親グループを選択することで、選択したグループの配下にグループが追加されます。

    (最上位)の場合


    親グループを選択した場合

  4. 追加確認画面が表示されますので「はい」をクリックします。
  5. 「グループ」に追加されたことが確認できたらグループ設定作業は完了です。
    グループを複数作成したい場合はこの操作を繰り返します。

以上で管理用グループを設定する手順についての説明は終了となります。

PORT監視の設定前のページ

監視対象デバイスの設定次のページ

ピックアップ記事

  1. 自社製品をAMIにしてマーケットプレイスへ出品
  2. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  3. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  4. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    TLS通信を使用したSYSLOG収集 Linux版

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

  2. LogStare Collector リファレンス

    LogStare Collectorでの冗長化監視の設定方法について FortiGate版

    当記事では、FortiGateにおける冗長化監視の設定方法について記載…

  3. LogStare Collector リファレンス

    SYSLOG収集

    SYSLOG収集 とは...収集対象サーバから指定したSyslog…

  4. LogStare Collector リファレンス

    特定プロセスの監視方法

    当記事ではLogStare Collectorにおける特定プロセスの監…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  2. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  3. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  4. NW機器

    SonicWall UTMにてSNMP(v1/v2/v3)を有効化する方法につい…
PAGE TOP