LogStare Collector リファレンス

LogStare Collectorの障害や不具合に関するお問い合わせにおいて連携頂きたい情報について

この記事は投稿日から2年以上経過しています。

当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)の障害や不具合に関するお問い合わせで連携いただきたい情報について記載します。

更新履歴

2022/03/30 新規公開しました。

連携頂きたい情報

  • 障害発生日時と内容および経緯
  • サポート情報
    以下の記事を参照してサポート情報を取得してください。取得した情報はサポート問い合わせフォームにて問い合わせ内容と共に送付してください。
    LogStare Collector情報取得方法
    以下の事項については、問い合わせ時に連携いただけますとサポートを円滑に進めることが出来ます。ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。
  • 障害の再現有無と再現手順
  • 実施済みの切り分け作業

その他、問い合わせの内容に応じてサポートより個別に連携頂きたい情報をご案内する場合があります。

以上でLogStare Collectorの障害や不具合に関するお問い合わせで連携いただきたい情報についての説明は終了となります。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

Nutanix Prism ElementにOVAファイルをインポートする方法Nutanix Prism ElementにOVAファイルをインポートする方法前のページ

Microsoft Defender ファイアウォールのログ活用事例次のページ

ピックアップ記事

  1. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  2. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  3. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  4. Zabbixヒストリデータのレポート生成について

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    WMI収集の設定

    当記事では、選択したWindowsデバイスに対してWMIによるイベント…

  2. LogStare Collector リファレンス

    URL監視の使用方法

    当記事では、URL監視の使用方法について記載します。使用方法U…

  3. LogStare Collector リファレンス

    グループの追加について

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

  4. LogStare Collector リファレンス

    Docker版 LogStare Collectorの使用方法

    当記事では、Docker版 LogStare Collectorの使用…

  5. LogStare Collector リファレンス

    ライセンス期間超過時における機能制限について

    当記事では、LogStare collectorにおけるライセンス期間…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  2. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  3. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  4. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  5. 実践記事

    DNSキャッシュポイズニングやってみた
PAGE TOP