NW機器

D-Link製DGS-3000シリーズ及びDGS-3120シリーズにおけるSYSLOG/SNMP設定

この記事は投稿日から2年以上経過しています。

当記事では、D-Link製DGS-3000シリーズ及びDGS-3120シリーズにおけるSYSLOG/SNMP設定を投入する手順について記載します。なお、SNMPv3の設定については対象外です。

前提条件

※弊社製品にてSNMP監視を行うための最低限の設定内容となります。

※SNMP Trap設定に関しては当記事の対象外です。

※この記事ではDGS-3120 シリーズにて説明しています。

事前準備

設定後に試験が行える環境(snmpwalk コマンドを利用できる端末、もしくはLogStare Collector など)を用意しておく事を推奨いたします。

D-Link製DGS-3000シリーズ及びDGS-3120シリーズのSYSLOG設定

  1. GUIメニューから System Configuration > System Log Configuration > System Log Settings とクリックします。
  2. System Log欄にて「Enabled」を選択し「Apply」をクリックします。
  3. GUIメニューから System Configuration > System Log Configuration > System Log Server とクリックします。
  4. Add System Log Server欄にて、以下を設定して「Apply」をクリックします。
    1. Server IDを「1」
    2. Server IPv4 AddressにSYSLOG送信先のIPアドレス
      (Server IPv6 Addressを選択することでIPv6アドレスを割り当てることも可能です)
    3. Facilityに送信先にて設定した受信用Facility
    4. Statusを「Enabled」
    5. Severityに送信するSYSLOGの情報レベル(※)
    6. UDP Portに送信先にて設定したSYSLOG受信ポート番号(通常は514)
      ※送信先の設定により上手く受信できない場合があるため、最初は「All」や「Information」など出力数が多くなるように設定し、受信確認をした後に調整することをお勧めします。
  1. GUIメニューから System Configuration > System Log Configuration > System Log & Trap Setting とクリックします。
  2. 「Apply」をクリックします。
    (IPv6アドレスを使用する場合はIPv6 Addressに入力)System Log Source IP Interface Settings欄にて、以下の通り入力して、「Apply」をクリックします。

    1. Interface NameにSYSLOGを出力するインタフェース名
    2. IPv4 AddressにSYSLOGを出力するインタフェースのIPv4アドレス

D-Link製DGS-3000シリーズ及びDGS-3120シリーズのSNMP設定

  1. GUIメニューから Management > SNMP Settings > SNMP Global Settings とクリックします。
  2. SNMP State欄にて「Enabled」を選択し「Apply」をクリックします。
  3. GUIメニューから Management > SNMP Settings > SNMP View Table とクリックします。
  4. 以下の通り設定して、「Apply」をクリックします。
    1. View Nameに任意の名前(半角英数字) ※後程使用します
    2. Subtree OIDに取得したいMIB情報のOIDサブツリー(「1」と入力すると全て取得します。LogStare Collectorをご使用の場合は「1」と入力してください)
    3. View Typeを「Included」

 

  1. GUIメニューから Management > SNMP Settings > SNMP Community Table とクリックします。
  1. 以下の通り設定して、「Apply」をクリックします。
    1. Community Nameにコミュニティ名
    2. View Nameに4-①で設定した名前
    3. Access Rightを「Read Only」
  1. GUIメニューから Management > SNMP Settings > SNMP Community Table とクリックします。
  1. 以下の通り設定して、「Apply」をクリックします。
    1. Group Nameに任意の名前(半角英数字)
    2. Read View Nameに4-①で設定した名前
    3. Write View Nameは空欄
    4. Notify View Nameは空欄
    5. User-based Security Modelは「SNMPv1」か「SNMPv2」

 

以上で、D-Link製DGS-3000シリーズ及びDGS-3120シリーズにSYSLOG/SNMP の設定を投入する手順の説明は終了します。

 

参考:

D-Link DGS-3000 シリーズ Gigabit Layer2 Switch ユーザマニュアル
https://www.dlink-jp.com/product/switch/pdf/DGS-3000_MAN_R03_B1-v4.16.pdf

D-Link DGS-3120 シリーズ Gigabit Stackable Layer2 Switch ユーザマニュアル
https://www.dlink-jp.com/product/switch/pdf/DGS-3120_MAN_R10_A2_B1-v3.00-1.pdf

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

rsyslogをホスト名、IPアドレスごとにフォルダー分けする方法前のページ

Apache(httpd)のアクセスログの収集について次のページ

ピックアップ記事

  1. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  2. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  3. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  4. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品

関連記事

  1. NW機器

    BUFFALO製スマートスイッチにおけるSNMP設定

    当記事では、BUFFALO製スマートスイッチにSNMP の設定を投入す…

  2. WatchGuard Fireboxのログを収集するための設定方法

    NW機器

    WatchGuard Fireboxのログを収集するための設定方法

    当記事では、WatchGuard社FireboxシリーズのログをSys…

  3. ログ分析・監視テクニック

    ログフォワーダー「okurun.jar」について

    当記事では、ログフォワーダー「okurun.jar」についての説明を記…

  4. Nutanix Prism ElementにOVAファイルをインポートする方法

    NW機器

    Nutanix Prism ElementにOVAファイルをインポートする方法

    当記事では、Nutanix Prism ElementにOVAファイル…

  5. Windows/Linux

    IIS アクセスログを収集する方法|ログの設定から収集まで

    WindowsのIIS にはアクセスログの記録を行う機能があります。I…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  2. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  3. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  4. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  5. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
PAGE TOP