LogStare Collector リファレンス

Docker版 LogStare Collectorの使用方法

この記事は投稿日から4年以上経過しています。

当記事では、Docker版 LogStare Collectorの使用方法について記載します。

なお、当記事ではLogStare Collector v1.9.0の各種方法を記載しております。
そのほかのバージョンをご利用の場合は、「secuavail/logstarecollector:1.9.0」の"1.9.0"の記載をご利用されるバージョンへ変更してください。

設定方法

Docker版 LogStare Collectorのインストール方法

ご使用の端末にて次のコマンドを実行します。

# docker run -d -e TZ=Asia/Tokyo -p PORT secuavail/logstarecollector:1.9.0

以下は実行例となります。

# docker run -d -e TZ=Asia/Tokyo -p 80:80 -p 162:162/udp -p 21:21 -p 514:514/udp secuavail/logstarecollector:1.9.0

※ポートマッピングに関しては、ご利用環境に応じてご指定ください。
上記は例として、以下の用途でポートマッピングを行っております。
・80/tcp = LogStare CollectorへのHTTPアクセス
・162/udp = SNMP Trap監視
・21/tcp = FTP収集
・514/udp= Syslog収集

「CONTAINER ID」の確認方法

次のコマンドを実行し、IMAGEが"secuavail/logstarecollector:1.9.0"と記載されている行の「CONTAINER ID」を確認します。

# docker ps -a
CONTAINER ID   IMAGE                               COMMAND                  CREATED      STATUS                     PORTS        NAMES
b0ec35127e46   secuavail/logstarecollector:1.9.0   "/bin/sh -c /home/do…"  5 days ago   Exited (1) 2 minutes ago                happy_aryabhata

※今回は「CONTAINER ID」が"b0ec35127e46"となっております。

LogStare Collectorの起動方法

「CONTAINER ID」の確認方法  にて取得した「CONTAINER ID」を指定して起動します。

# docker start CONTAINER ID

以下は実行例となります。

# docker start b0ec35127e46

LogStare Collectorの停止方法

「CONTAINER ID」の確認方法  にて取得した「CONTAINER ID」を指定して停止します。

# docker exec -it CONTAINER ID /home/docker/logstarecollector/sbin/stop_kallista.sh

以下は実行例となります。

# docker exec -it b0ec35127e46 /home/docker/logstarecollector/sbin/stop_kallista.sh

以上でDocker版 LogStare Collectorの使用方法についての説明は終了となります。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

監視項目データベース更新案内(190924_01)前のページ

Windows Server 2016 (2019,2012) /Windows 10,11 にて、監査ログの出力設定を投入する次のページ

ピックアップ記事

  1. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  2. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  3. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  4. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    LogStare Collectorのログイン画面へ繋がらない

    事象LogStare Collector を起動後、ブラウザにてL…

  2. NW機器

    FortiGate・Palo AltoのSyslogが取得できない

    FortiGate・Palo Alto側での確認事項FortiGa…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  2. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  3. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  4. デフォルト画像イメージ

    FortiGate

    FortiGateのSD-WAN設定について
  5. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
PAGE TOP