NW機器

PaloAltoにおけるTLS通信を利用したSYSLOG送信方法

この記事は投稿日から1年以上経過しています。

当記事では、PaloAltoにおけるTLS通信を利用してSyslog を送信する方法を記載します。
※PaloAltoでは、TLSをSSLと記載します。

事前準備

  • LogStare Collector (以下、LSCと記載) サーバのIP アドレスをチェックします。
    ※当記事では、172.23.61.102 をLSCサーバとして扱います。
  • LSC側のTLS通信を使用したSyslog収集の設定を行います。
    ※TLS通信を使用したSyslog収集のLSCにおける設定方法は、以下の記事をご参照ください。
    TLS通信を使用したSYSLOG収集 Linux版
    TLS通信を使用したSYSLOG収集 Windows版
  • LSC サーバでlsc-site.confにて設定したチェーン証明書に記載されているルートCA証明書を用意します。
  • PaloAltoがSyslog送信先とするLSCサーバのFQDNまたはIPアドレスと、LSCに設定されたサーバ証明書のCommon Nameを一致させる必要があります。
    一致していない場合、Syslogの送信は失敗しますのでご注意ください。

設定方法

証明書の設定

  1. PaloAlto のWeb UI 内上部タグより、Device > 証明書の管理 > 証明書 > デバイス証明書 と移動します。
  2. 左下の インポート をクリックします。
  3. 以下の項目を追加します。

    ①証明書タイプは[ローカル]を指定します。
    ②任意の証明書名を指定します。
    ③事前準備にて用意した証明書を指定します。
    ④ファイル フォーマットは[Base64 エンコード済み証明書(PEM)]を指定します。
    その後、「OK」をクリックします。
  4. 作成した証明書をクリックします。
  5. [信頼されたルート CA]にチェックをつけ、「OK」をクリックします。
  6. コミットします。

Syslogサーバの設定

  1. PaloAlto のWeb UI 内上部タグより、Device > サーバプロファイル > Syslog と移動します。
  2. 左下の「追加」をクリックします。
  3. 上部の名前を入力後、左下の「追加」をクリックし、以下の項目を追加します。

    ①LSC サーバの名前を指定します。
    ②LSCサーバのIP アドレスを指定します。
    ③TLS通信を利用するので、転送方式は「SSL」を指定します。
    ④LSCの システム管理 > サーバ > Syslog ポート > TLS にて指定したポート番号を設定します。

    その後、「OK」をクリックします。
  4. PaloAlto のWeb UI 内上部タグ Device > ログ設定 と移動します。
  5. システム の「追加」をクリックします。
  6. Syslog に、先程設定したSyslog サーバを割り当てます。
  7. 設定 にも、5, 6 と同様の設定を行います。

以上でPaloAltoにおけるTLS通信を利用したSYSLOG送信方法の説明は終了となります。

 

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

TLS通信を使用したSYSLOG収集 Linux版前のページ

LogStare Collector リファレンス記事一覧次のページ

ピックアップ記事

  1. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  2. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  3. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  4. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品

関連記事

  1. PaloAlto

    【2022/04/07更新】Spring Frameworkの脆弱性(CVE-2022-22965)…

    ※本記事の内容は、2022年4月5日現在の公開情報をもとに記載しており…

  2. Windows/Linux

    Windows Server 2016 (2019,2012) /Windows 10,11 にて、…

    当記事では、WMI における各種監査ログを出力するまでの設定方法を記載…

  3. paloalto-edl-hosting
  4. Windows/Linux

    AmazonLinux2において、aws cliのバージョンを1から2へ変更する方法について

    当記事では、AmazonLinux2において、aws cliのバージョ…

  5. Tech-Blog

    Linuxにて特定のアウトバウンド通信を許可するための設定例

    当記事では、Linuxにて特定のアウトバウンド通信を許可するための設定…

  6. NW機器

    Nutanixを監視したいときのメトリクス監視項目例(API v2)

    当記事ではLogStare Collector(以下、LSC)でのNu…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  2. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  3. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  4. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  5. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
PAGE TOP