LogStare Collector リファレンス

METRICS(メトリクス)収集の使用方法

この記事は投稿日から1年以上経過しています。

当記事ではLogStare Collector v2.1.2 build 210715 以降のバージョンにて追加された新機能であるMETRICS(メトリクス)収集の使用方法について記載します。

各設定項目の説明は下記の通りです。

IPアドレス
登録した機器のIPアドレスとなります。
※ METRICS(メトリクス)収集では、登録する機器のIPアドレスは問わないため、「127.0.0.1」を使用することも可能です。

REST API
収集対象のREST APIを記載します。
※ REST APIのURLにつきましては、収集対象側のREST API仕様をご覧ください。

認証使用
監視対象へ接続する際に認証を使用する場合に設定します。
OAuth2.0認証の利用については以下の記事をご参照ください。
METRICS(メトリクス)監視と収集におけるOAuth設定と認証設定について

Proxy選択
監視対象へ接続する際にProxyを使用する場合に設定します。

METRICSパス
REST APIによって取得したJSONデータから、XPathを設定します。Wizardを使用することでGUI上でXPathが設定可能になります。

JSON-XPathヘルプ [HELP-ID:M01-001]

※JSONデータの各部にアクセスするためにXPathを利用することが可能です。 ドット表現式、ブラケット表現式のいずれを使ってください。

以下はJSONデータを二つ表現式を用いてアクセスする事例を表示します。

{
  "greeting":["hello", "world"],
  "polite": true,
  "position": {"x":20, "y":10},
  "employes": [
    {"name":"John", "age":23},
    {"name":"Peter", "age":30},
   ]
}

前回実行時間のオーバーライド

前回実行時間をオーバーライドするために取得したJSONデータから、XPathを設定します。Wizardを使用することでGUI上でXPathが設定可能になります。

JSON-XPathヘルプ [HELP-ID:M01-002]

※JSONデータの各部にアクセスするためにXPathを利用することが可能です。 ドット表現式、ブラケット表現式のいずれを使ってください。

以下はJSONデータを二つ表現式を用いてアクセスする事例を表示します。

{
  "devices":[
      {"name":"computer(first)", "createdDateTime": "2021-01-05 10:10:00"},
    {"name":"mouse", "createdDateTime": "2021-01-06 20:30:00"},
      {"name": "printer", "createdDateTime": "2021-02-07 14:50:00"},
      …
      {"name":"keyboard (lastone)", "createdDateTime": "2021-04-08 16:20:00"},
  ]
}

以上でMETRICS(メトリクス)収集の使用方法については説明は終了となります。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

FortiGateのコンサーブモードについて前のページ

【ネットワーク初心者向け】初めて読むSNMPv3について次のページ

ピックアップ記事

  1. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  2. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  3. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  4. Zabbixヒストリデータのレポート生成について

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    CloudWatch監視の設定

    当記事では、LogStare Collector v2.1.3 bui…

  2. LogStare Collector リファレンス

    Windowsにおける特定プロセスの監視方法

    当記事ではWindowsにおける特定プロセスの監視方法について記載しま…

  3. LogStare Collector リファレンス

    監視及び収集設定の設定変更と削除

    当記事では、設定した監視及び収集設定の変更と削除の手順を記載します。…

  4. LogStare Collector リファレンス

    Linuxにおける特定プロセスの監視方法

    当記事ではLinuxにおける特定プロセスの監視方法について記載します。…

  5. LogStare Collector リファレンス

    リリースノート一覧

    LogStare Collectorのリリースノート一覧になります。…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  2. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  3. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  4. デフォルト画像イメージ

    FortiGate

    FortiGateのSD-WAN設定について
  5. 実践記事

    DNSキャッシュポイズニングやってみた
PAGE TOP