LogStare Collector 仕様・不具合

  1. 【仕様】LSCインストーラー(windows版)がウイルス対策ソフトによって誤検知される事象について…

    2019年8月6日現在、LogStare Collectorインストーラー(windows版)内にある下記のファイルが一部のウィルス対策ソフトにて誤検知される事…

  2. 【仕様】VPNトンネルの認証方式においてIKE2を使用した場合、「FortiGuard_VPNステー…

    事象VPNトンネルの認証方式においてIKE2を使用した場合、監視項目:FortiGuard_VPNステータスが正しく監視できない。※ 対象機器はFo…

  3. 【仕様】LogStare CollectorとのFTP通信における注意点

    当記事では、LogStare CollectorとのFTP通信における注意点について記載します。LogStare CollectorとのFTP通信の仕様…

  4. 【不具合】監視項目データベースをアップデートすると、OS情報が意図せず書き換わる

    事象LogStare Collector v1.7.1 build190325 以前のバージョンにおいて、監視項目データベースのアップデートを実施すると、O…

  5. 【仕様】ログに表示されるステータスコード一覧

    LogStare Collector 左部メニューより閲覧可能な、監視項目ごとの収集結果についている コードについて、一覧を記載いたします。…

  6. 【不具合】停止・起動処理を誤ると停止処理を受け付けなくなる

    事象Linux版LSCにおいて、stop_kallista.shにて停止処理が終了する前にstart_kallista.shを実行すると、エラーログが出力さ…

  7. 【仕様】Ping監視の処理開始時刻と監視間隔の関係

    Ping監視は、負荷を避ける為に1台づつ5秒の間隔で処理を開始する仕様となっています。内部的に自動で設定され、開始時刻の指定はできません。Ping監視対…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. NW機器

    SonicWall UTMにてSNMP(v1/v2/v3)を有効化する方法につい…
  2. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  3. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  4. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
PAGE TOP