A10ThunderをSNMPで監視する

NW機器

A10 ThunderをSNMPで監視するための設定方法

当記事では、A10ネットワークス社  Thunder シリーズのSNMP(v2)を有効化する方法について記載します。

対象バージョン

ACOS 4.1.4
※当記事は、VMware ESXi 7上に構築したvThunderによる検証結果をもとに執筆しております。

前提条件

ManagementインターフェースにIPアドレスが設定されており、WebベースのGUIで操作できることとします。
設定するSNMPのバージョンはv2cのみとします。
GUIの基本的な操作(設定のsave等)については記載を割愛しております。

SNMPの設定

SNMPの設定では、「SNMPの有効化」と「SNMPユーザの設定」を行います。

SNMPの有効化

GUIの[System]->[Monitor]に移動し[SNMP]タブを選択します。
SNMP有効化の設定

"System SNMP Service"を"Enable"に変更します。
SNMP有効化の設定

SNMPユーザの作成

[SNMPv1-v2c Users]タブへ移動し、[Create]をクリックします。
SNMPユーザの作成

以下のように設定します。

  1. 「User Name」に任意のユーザ名を入力します。
  2. 「Community」にコミュニティ名を入力します。
  3. 画面中央右側の[Add]をクリックします。
  4. SNMPクエリ送信元のIPアドレスやネットマスクを入力します。

SNMPユーザの作成

SNMP Trapの設定

SNMP Trapの送信設定を行う場合は、[System]->[Monitor]に移動し[SNMP]タブの"Trap Host"に送信先SNMPサーバ(マネージャ)の情報を登録します。
SNMP Trapの設定

なお、送信するTrapのログレベルについては、[System]->[Settings]の[Logging]タブで設定することができます。
SNMP Trapの設定

(参考)CLIでの設定

これまでの設定内容はCLIでは以下のようになります。

snmp-server enable service
!
snmp-server SNMPv1-v2c user public
  community read encrypted xxxxxx
  remote 192.168.123.81 255.255.255.255
!
snmp-server host 192.168.123.81 version v2c public
!

MIBファイル

MIBファイルは[System]->[Monitor]に移動し[SNMP]タブの[SNMP MIB Download]をクリックすることでダウンロードできます。

LogStare Collectorでの監視設定

LogStare Collectorでの監視方法については以下の記事をご参照ください。

LogStare CollectorではA10 Thunderシリーズの監視項目の自動スキャンに対応しており、CPU使用率やメモリ使用率、セッション数等、必要な項目を自動で監視項目として追加できます。

監視可能な内容(監視項目)は以下の記事をご参照ください。

以上です。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

A10 Thunderのアクセスログを収集するA10 Thunderのアクセスログを収集するためのForward Proxy、SYSLOGなどの設定方法前のページ

監視項目データベース更新案内(211027_01)次のページ

ピックアップ記事

  1. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  2. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  3. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  4. ログフォワーダー「okurun.jar」について

関連記事

  1. NW機器

    SonicWall UTMにてSNMP(v1/v2/v3)を有効化する方法について

    当記事では、SonicWall UTMにてSNMP(v1/v2/v3)…

  2. NW機器

    【Palo Alto Networks】GlobalProtectの深刻な脆弱性について(CVE-2…

    ※本記事の内容は、2021年11月15日現在の公開情報をもとに記載して…

  3. NW機器

    Palo AltoにおけるCEF形式ログ送信設定

    当記事では、Palo Alto におけるCEF形式でのログの送信方法に…

  4. NW機器

    Nutanixを監視したいときのメトリクス監視項目例(API v2)

    当記事ではLogStare Collector(以下、LSC)でのNu…

  5. NW機器

    FortiGateにおけるCEF形式ログ送信設定

    当記事では、FortiGateにおけるCEF形式でのログ送信方法につい…

ナレッジステアはセキュアヴェイルグループが運営しています

ネットワーク管理者向けセキュリティセミナー

無料で使えるシステム監視・ログ管理ソフト

  1. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  2. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  3. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  4. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  5. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
PAGE TOP