FITELnet-FシリーズをSNMPで監視

ログ分析・監視テクニック

古河ネットワークソリューションFITELnet-FシリーズをSNMPで監視する方法

当記事では、古河ネットワークソリューションFITELnet-FシリーズをSNMPを用いて監視する方法について記載します。

対象バージョン
01.06(00)
※当記事では、FITELnet-FシリーズのF220の検証結果をもとに執筆しております。

前提条件
SNMPで通信を行うインターフェースにIPアドレスが設定されており、CLIによる操作ができることとします。

設定するSNMPのバージョンはv2cのみとします。

設定を保存及び有効化するためのコマンド「save」「refresh」については記載を割愛しております。

各設定では、事前に以下のコマンドを入力してあり、特権ユーザモードにて基本設定モードになっていることとします。

#enable
#configure terminal

SNMPの設定

SNMPの設定では、コミュニティ名の設定を行います。
そのために、以下のコマンドを入力します。

# snmp-server community (コミュニティ名)

SNMPトラップの設定

SNMPトラップの設定では、以下の手順に従ってコマンドを入力します。

1.SNMPトラップ送信機能を有効にします。

# snmp-server enable traps

2.SNMPトラップの送信先を設定します。

# snmp-server host (送信先のIPアドレス) (コミュニティ名) v2c

3.SNMPトラップの送信元IPアドレスとして使用するインターフェースを設定します。

# snmp-server source-interface (インターフェース名) (インターフェース番号)

LogStare CollectorでのSNMPトラップの設定例

SNMPトラップの設定例として、IPsecセッションがダウンした場合について以下に記載します。

LogStare Collectorの監視・ログ収集設定>監視・収集にて、以下のようにSNMPトラップの設定を追加します。

OID(インスタンス)にはsnmpTrapOIDである「1.3.6.1.6.3.1.1.4.1.0」を、インスタンス値にはIPsecセッションダウンのOIDである「1.3.6.1.4.1.246.1.1.29.15.2.0.4」を設定しております。

snmptrap

MIBファイルについては、以下のリンクをご参照ください。
FITELnet F220/221 マニュアル&カタログ

監視・モニタリング>注意・警告にて該当する行にカーソルを合わせると、IPsecセッションがダウンした場合のSNMPトラップが表示されます。

snmptrap-ipsec

「警告」を解消するためには、以下の記事をご参照ください。

SNMPTRAP監視ステータスクリア機能の使用方法

LogStare Collectorでの監視設定

LogStare Collectorでの監視方法については以下の記事をご参照ください。

監視対象デバイスの設定
監視項目スキャンについて
SNMP監視の設定
SNMP-Trap監視設定と具体的な設定方法について

LogStare Collectorでは古河ネットワークソリューション FITELnet-Fシリーズの監視項目の自動スキャンに対応しており、CPU使用率、メモリ使用率、ポートステータス、トラフィック数等、必要な項目を自動で監視項目として追加できます。

監視可能な内容(監視項目)は以下の記事をご参照ください。

監視対象機器一覧

LogStare Reporter / LogStare Quintでのレポート例

当社のLogStare Reporter及びLogStare QuintはFITELnet-FシリーズのSNMPログの可視化に対応しています。

※LogStare Reporter及びLogStare Quintについて詳しくは以下をご覧ください
LogStare製品ラインアップ

以下はレポートの一例です。

5秒あたりのCPU使用率

snmp-log-report

インターフェース(GigaEthernet 2/1.0)を経由したトラフィック数

snmp-log-report-traffic

以上で、古河ネットワークソリューションFITELnet-FシリーズをSNMPを用いて監視する方法についての説明は終了となります。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

Windows Server DNSのデバッグログ活用事例前のページ

FITELnet-Fシリーズのコンテナ機能でLinuxを動作させてみたよ!監視・SYSLOG受信も可能に!次のページfitelnet-f-linux-container

ピックアップ記事

  1. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  2. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  3. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  4. ログフォワーダー「okurun.jar」について

関連記事

  1. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する

    当記事では、ジュピターテクノロジー株式会社様が国内で販売するntop社…

  2. i-FILTERのログ送信方法|LogStare Collectorでアクセスログを収集するときの設定

    ログ分析・監視テクニック

    i-FILTERのログ送信方法|LogStare Collectorでアクセスログを収集するときの設…

    Tech-Blogカテゴリにおけるサードパーティ製品の設定内容につきま…

  3. Windows/Linux

    Windows ServerのDHCPログをLSCにて収集する方法

    当記事では、Windows ServerのDHCPログをLogStar…

  4. ログ分析・監視テクニック

    Microsoft Defender ファイアウォールのログ活用事例

    当記事では、Microsoft Defender ファイアウォール(W…

  5. ログ分析・監視テクニック

    SNMPv2のススメ

    当記事では、SNMPのご利用においてSNMPv1、SNMPv2cを比較…

  6. Barracuda WAF|ログを収集するための設定方法

Microsoft365もっと活用セミナー

ナレッジステアはセキュアヴェイルグループが運営しています

ネットワーク管理者向けセキュリティセミナー

無料で使えるシステム監視・ログ管理ソフト

  1. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  2. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  3. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  4. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  5. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
PAGE TOP